Windows タブレット向け ソフトウェアキーボード&マウスパッドアプリ「ちーたんタッチボード Ver 1.00」公開しました

ちーたんタッチボード Ver 1.00 を公開しました。ホームページ側でドキュメント等も一通り更新しましたので詳しいことについてはそちらをご覧ください。

また、アプリケーションの更新に合わせて、ボードパッケージとボード作成 Excel ツールのほうも Ver 1.00 に更新しました。過去のバージョンで作成したボードも引き続き最新バージョンで使うことはできるようになっていますが、特に過去バージョンを使っていないのであれば、最新でそろえておいたほうがいいかもしれません。

バージョンアップの内容は以下の通りとなっています。

ちーたんタッチボード Ver 1.00

追加機能

  • ボードコンテナ定義ファイルの KeyInfo にキーごとの装飾を変更できる Decorates パラメータ追加
  • ボードコンテナ定義ファイルの BoardInfo にキー全体の装飾を変更できる KeyDecorates パラメータ追加
  • ボードコンテナ定義ファイルの BoardInfo にボードの装飾を変更できる BoardDecorates パラメータ追加
  • 設定画面の装飾でボードやテキストの色の有効無効を設定できるようにした
  • 設定画面の装飾でボードやテキストの色をボードコンテナ定義ファイルの色設定より優先するかどうか指定できるようにした
  • 設定画面の動作でアプリケーションの終了確認を表示するかどうか指定できるようにした
  • メニューから指定したボードに直接変更できるようにしました

機能改善

  • マウスパッド、マウススティックのタップ動作においてチャタリングによるクリック停止対応しました(30ms未満)
  • ちーたんタッチボード起動時のパフォーマンスを改善しました
  • 各種ダイアログを可能な限り手元に表示するようにしました
  • 今まではボードの設定ファイルに入力ミスなどがあった場合、起動時に強制終了していましたが、Ver 1.00 からは強制終了せず、対象のボードを選択したときにエラー表示にしました

仕様変更

  • ボードコンテナ定義ファイルでの画像の伸縮を決定する「ImageRenderMode」を「ImageStretchMode」に変更しました。「ImageRenderMode」は現バージョンでまだ使用できますが、今後廃止されます。
  • メニューからの終了以外の終了方法でも確認ダイアログを表示するようにしました。終了確認ダイアログが表示されるかは設定で変更できます

不具合修正

  • 設定画面などのダイアログでキーボード操作するときに現在のフォーカスが見えなかった問題を修正しました
  • OS が中国語環境の時に起動したとき、表示言語が中国語になっていなかったのを修正
  • 一部の環境で設定画面のチェックボックスのチェックが見えなくなる現象に対応しました
  • マルチディスプレイ使用時に起動したディスプレイによって設定画面などが別のディスプレイに表示されてしまう現象を修正しました。ただし、判断が難しい一部の状況については未対処です。

ボードパッケージ Ver 1.00

全般

  • 英字、数字、記号のキーのフォントサイズをやや大きくした

通常レイアウト (Normal)

  • キーの表示テキストを Shift 押下中、IME の状態によって変化するようにしました。これにより、初期状態のテキストも変わります
  • IME の状態によってひらがな表示ができるようになったため、ひらがなを初期表示したキーを定義したボードを削除しました

親指用レイアウト (Thumb)

  • キーの表示テキストを Shift 押下中、IME の状態によって変化するようにしました。これにより、初期状態のテキストも変わります

マウスパッド (MousePad)

  • 右側のボードの各ボタンとマウスパッドの上下位置を入れ替えました
  • 片手用マウスパッドを追加しました。(左手用、右手用)
  • 使用頻度の高いキーを加えたマウスパッドを追加しました。(左手用、右手用)

ボード作成 Excel ツール

追加機能

  • ボードの装飾詳細設定シート「BoardDeco」追加
  • キーの装飾詳細設定シート「KeyDeco」追加
  • ボード作成のサンプルファイルを18ファイル追加

機能改善

  • setting ファイル生成の処理速度を高速化しました
  • 実行環境の DPI を考慮してレイアウトのサイズを計算するようにしました。これにより PixelPerCentimeter のパラメータを削除し、DPI による出力結果の差異が少なくなるよう自動的に処理されるようになりました

仕様変更

  • ボード、キーの「ImageRenderMode」のパラメータ名を「ImageStretchMode」に変更

また、ボード作成 Excel ツールでは、配布しているボードパッケージの元 Excel ファイルの他に、機能ごとに小さく分割した参考用 Excel ファイルも 18ファイル程追加しました。作成する際の参考にしてみてください。

531_KeyExtendDecorateSample_1_00_Ja 532_KeyImeDecorateSample_1_00_Ja 533_KeyPressDecorateSample_1_00_Ja 515_TransparentImageBoardSample_1_00_Ja


ちーたんタッチボード Ver 1.00 の公開予定日について

ちょうど2年前ぐらいに Ver 0.40 のことを書いてからそのまま放置状態になっていましたが、手元に余らせておくのももったいなかったので、Ver 1.00 として公開することにいたしました。(まだ公開はしていません)

改良点については1年ぐらい前に書いた通り、Ver 0.40 をそのまま持っていく形になるので、Ver 1.00 と言いながらそこまで機能アップしているわけではありません。主に表示関連の改修なので、操作感などは Ver 0.30 のころとほとんど変わらないはずです。

ただ、1~2年も空けていてそのままリリースするのもあれだったので、起動時のパフォーマンス改善や指定したボードを直接選択できる機能、OS やデバイスごとによる挙動の違いへの対応、細かなバグ修正を追加で行いました。

他にはボード作成ツールのサンプルをいくつか追加しました。機能ごとに簡単なボードのサンプルを追加しましたので、余計な機能を省いた状態で確認できるのでわかりやすくなっていると思います。

また、ボードパッケージには左手用、右手用のマウスパッド、マウス操作の他にいくつかの補助キーを追加した拡張マウスパッドも追加しました。通常キーボードについては IME や Shift キーの押下状態によってキーのテキストが変わる機能も追加してあります。

現在は動作テストとボードの作成などがほぼ終わり、ホームページ側の変更を行っている段階です。

公開の日程についてですが、2017/1/21(土)を予定しています。0:00 きっかりに公開するわけではありませんので、何時になるかはわかりません。公開したタイミングでブログ、または Twitter でお知らせいたします。


動画の再アップロード作業が想像以上に大変な予感

以前の投稿でゲーム制作実況の動画をひとつのアカウントにまとめるために再アップロードするということを書きました。当初はすでに作ってあった動画ファイルをアップロードするだけなのですぐに終わるかなと思っていたのですが、予想以上に大変な作業になることが判明してしまいました。

頻繁に動画を上げたり削除したりしていたので、コメント入れてくださった方には申し訳ありませんでした。今回からは1動画ずつ確認してアップロードしていきます。

すべてのアップロードした動画が再エンコードされる

これは前回の投稿でも書きましたが、以前の仕様では 100MB 未満の MP4 ファイルをアップロードした場合、ニコニコ動画のほうで再エンコードされずに投稿できていたので、ローカルで動画のクォリティを確認すれば大丈夫でした。しかし、今回の仕様変更を知らずに29ファイルアップロードした後に動画を確認したら、再エンコードのせいでとても見れるようなレベルではない動画になってしまったため、アップロードした動画をすべて削除しました。

仕方ないので、新仕様のフォーマットに合わせて動画をすべて再作成することにしました。ただ、元データはあるので、Aviutl をカスタマイズし編集ファイルを開いて外部出力すれば割とすぐにいけると思ってました。

編集データの値がおかしくなってた

早速動画ファイルを生成しなおして6ファイルほどアップロードした後に動画を確認してみたら、恐ろしいほどに音ずれが発生していました。動画にもよりますが、おそらく数秒ぐらいはずれていたと思います。ほかの動画を確認してもやはりずれていたのでアップロードした動画をすべて削除いたしました。

原因はわかっていないのですが、Aviutl で過去に編集したデータを開いたところ、動画と音声の再生位置がずれていました。動画によっては動画や音声が分割されて編集されているので、結局1から確認してずれていないかすべて再確認する必要性が出てきました。当初は Ver 0.99 を使っており、今は Ver 1.00 を使っているので、もしかしたら Aviutl をバージョンアップしたせいなのかもしれません。ただ、どの動画までずれているかはまだ確認していないので、原因ははっきりとはしていません。

ということで、現在動画をひとつひとつ確認しながら作り直しているので、すべてアップロードしなおすには結構時間がかかると思います。ただその代わり、現行のニコニコ動画に仕様に合わせるのでファイルサイズが大きくなる分、画質が以前よりもよくなるので見やすくなるかと思います。一応 #30 の動画もすでに作成が完了していますので、全動画をアップロードし終わるまではもうしばらくお待ちください。


ニコニコ動画に動画をアップロードしたときのエンコードの仕様が変わった?

確か以前まで動画ファイルのサイズが 40MB だか 100MB までの動画はアップロードしたときに再エンコードされずにアップロードできていたので、アップロード後の画質が落ちることはなかったと思うのですが、先ほど前に上げた動画を再アップロードしてみたところ、とてつもなく画質が悪くなってしまいました。

どうも 12/8 の仕様変更で挙動が変わってしまったらしく、アップロードした動画はすべて再エンコードされてしまうようです (下記リンク先参照)。ゲーム制作実況の動画はすべて 40MB で統一していたので、そのまま再アップロードするとかなり見れたもんじゃない画質になってしまいました。

とりあえず動画の元データはまだ残っているので、アップロード用の動画を再作成してみて、いい感じにアップロードできるかどうか試してみたいと思います。結構パワー使いそうだ…。


Intel NUC (NUC6i5SYH) に Windows Server 2016 を入れた際にネットワークに接続できない問題を直す

新しくサーバー用に NUC6I5SYH を購入し、Windows Server 2016 をインストールしたのですが、素の Windows Server には最小限のドライバーしか入っていないため、イーサネットを使用しての通信ができません。

通常この場合はハードウェアを提供しているメーカーのサイトからドライバーをダウンロードしてインストールするのですが、Windows Server 2016 が出たばかりというのと、そもそも Intel NUC はサーバー向けではなくコンシューマ向けのハードなので、Windows Server 2016 用のドライバーは現時点では提供されていません。代わりに Windows 10 用のドライバーを入れることはできるのですが、インストールできないドライバーもあり、今回のイーサネットのドライバーもインストールできない部類に入るため、ネットワークに接続することができません。

ドライバーをインストールするためにいろいろ調べたところ、以下のサイトに載っている手順でインストールすることができました。どのサイトも手順は同じなので、おそらく大丈夫だと思います。一応リンク先の情報では Windows Server がプレビュー版であったり、NUC が前の世代だったりしていますが、問題なくインストールして通信できるようになりました。今回購入した「NUC6I5SYH」のイーサネットデバイスの番号は「DEV_1570」でしたが、手順の一覧には含まれているようです。(※日本語のサイトは最後の手順が端折られているので、英語のサイトも参考にして下さい)

ちなみに無線 LAN を使うには、Windows Server の機能で「ワイヤレス LAN サービス」をインストールする必要があります。これをインストールしないとどうあがいても Windows Server が通信させてくれません。インストール後は無線 LAN のドライバーを更新して再起動すれば OK です。


ニコニコ動画に投稿しているゲーム制作実況の動画の投稿先移動について

12/8にニコニコ動画の動画投稿仕様が変更されたのを受けて、動画を投稿しているアカウントをひとつにまとめようと思います。現在2つのアカウントに対して投稿しているのですが、ゲーム制作実況側のアカウントのほうが再生数やコメントが少ないので、こちらの動画をメインアカウントのほうに移動させる予定でいます。

旧仕様だったころはプレミアム会員を一度でも抜けると投稿できる動画の合計サイズが8GBまで戻ってしまう仕様だったので、仮にプレミアム会員をやめても同じアカウントで投稿し続けられるように分けていたのですが、新仕様ではプレミアム会員の上限が撤廃されたのでまとめることにしました。


ニコニコ動画の動画の投稿や保存容量などが変更されたようです

昨日知ったのですが、12/8 にユーザーごとの動画の保存容量が変更されたようです。詳しくはページ下のリンク先を参照していただいたほうが分かりやすいのですが、全体的にはプレミアム会員も一般会員も拡張された仕様になっているようです。

ただ一部デメリットとして、一般会員の動画投稿については上限が50動画までとなっています。今までは1動画のサイズが40MBまでで合計2GBまで投稿できていたので、最低でも50動画投稿できてることになり、1動画あたりのサイズを減らせば50動画以上は投稿できていました。ここは若干機能ダウンというところでしょうか。まあ代わりに1動画のサイズが1.5GBまでとなったので、上限の2GBは撤回されたような形にはなるのですが。

プレミアム会員については動画の投稿数の上限がなくなったのでうれしい限りです。


ちーたんタッチボードがフリーソフト100に掲載されました

なかなか更新ができていないちーたんタッチボードですが、フリーソフト100のサイトに掲載されました。ツールについての基本的な内容や導入部分について説明されています。


プログラムから Translator Text API を使用してテキストを翻訳する

Microsoft Translator API は今まで Azure Marketplace で提供されており、プログラムから API を通じてテキストを翻訳する場合はこちらを使用していました。しかし、2017/1/1 から制限が開始され、2017/04/30 以降は完全に使用できなくなるので、Microsoft Azure 側(Marketplaceでないほう)の API に切り替えることにしました。

切り替えは終わったのですが、せっかくなのでついでに使い方について Tips を書いてみました。無料版でも月 200万文字まで翻訳できるので、使ってみたい方は試してみるといいかもしれません。


しゃべりながらゲーム制作やってみます #29 画面ステータスとコマンド

Ver 0.30 を公開してから Ver 0.40 に向けての制作を行っていたのですが、なかなか動画の収録を行うタイミングが取れなくてずるずる後ろに伸びてしまっていました。たぶん3~4か月ぐらい空いてしまったのですがようやく動画を撮ることができ公開に至ることができました。

一応動画を公開していない間も少しずつ改良はしていったので、Ver 0.30 と違うところがいろいろでていると思います。説明したい部分も沢山あるので、時間がとれれば随時動画にしていきたいと思います。

今回2本分収録できたうちの1本を公開しました。今回はバトルフィールド上においてのステータスの表示内容とコマンドスロットという装備変更・使用についての説明になっています。もう1本については近いうちに公開するのでお待ちください。