ニコニコ動画に動画をアップロードしたときのエンコードの仕様が変わった?

確か以前まで動画ファイルのサイズが 40MB だか 100MB までの動画はアップロードしたときに再エンコードされずにアップロードできていたので、アップロード後の画質が落ちることはなかったと思うのですが、先ほど前に上げた動画を再アップロードしてみたところ、とてつもなく画質が悪くなってしまいました。

どうも 12/8 の仕様変更で挙動が変わってしまったらしく、アップロードした動画はすべて再エンコードされてしまうようです (下記リンク先参照)。ゲーム制作実況の動画はすべて 40MB で統一していたので、そのまま再アップロードするとかなり見れたもんじゃない画質になってしまいました。

とりあえず動画の元データはまだ残っているので、アップロード用の動画を再作成してみて、いい感じにアップロードできるかどうか試してみたいと思います。結構パワー使いそうだ…。


ニコニコ動画の動画の投稿や保存容量などが変更されたようです

昨日知ったのですが、12/8 にユーザーごとの動画の保存容量が変更されたようです。詳しくはページ下のリンク先を参照していただいたほうが分かりやすいのですが、全体的にはプレミアム会員も一般会員も拡張された仕様になっているようです。

ただ一部デメリットとして、一般会員の動画投稿については上限が50動画までとなっています。今までは1動画のサイズが40MBまでで合計2GBまで投稿できていたので、最低でも50動画投稿できてることになり、1動画あたりのサイズを減らせば50動画以上は投稿できていました。ここは若干機能ダウンというところでしょうか。まあ代わりに1動画のサイズが1.5GBまでとなったので、上限の2GBは撤回されたような形にはなるのですが。

プレミアム会員については動画の投稿数の上限がなくなったのでうれしい限りです。


Microsoft アカウントのメールアドレスのエイリアスを作成する際に「contact」というテキストを入れると作成できない

タイトルの通りなのですが、メールアドレスのエイリアスを作成しようとしたときに、アドレスに「contact」という文字列をいれた状態で作成しようとすると「XXXXXXX(メールアドレス)は使えません。」というエラーメッセージが出て作成できません。リンク先のヘルプもエラーについては一切触れていないのでハマってしまいました。

数字や記号を入れたり、文字を並び替えたりしても作成できず、もう適当でいいやと思って打ったら「contact」が「contacf」になったらしく作成できました。

エイリアスの作成でしか試していませんが、もしかしたら通常のアカウント作成時でもそうなるのかもしれません。メールによる詐欺を防ぐとかのためでしょうか。


ブログにアクセスカウンター設置してみました

WordPress の標準機能にアクセスカウンターの機能がなかったのでずっと放置していたのですが、久々に調べてみたらプラグインでいろいろ公開されているみたいだったのでサイドメニューに追加してみました。

使用したプラグインは「count per day」というもので、英語圏のプラグインなのですが、インストール後は自動的に日本語で表示されるので割と使いやすいです(一部英語のままですが)。プラグインインストール後はウィジェットから配置できます。

WordPress のアクセスカウンターなので sorceryforce.net や sorceryforce.com のアクセスカウントは含まれません。


sorceryforce.net の多言語対応仕様を変更しました

気づいていた人はあんまりいないと思いますが、Web サイト「sorceryforce.net」では複数の言語で表示できるように構築していました。今回その動作仕様を変更しています。

今までは多言語対応は以下のようにしていました。

  1. HTTP ヘッダーで送信される言語情報によって表示される言語を切り替えていた
  2. クエリパラメータに「lang=XX」を追加することによって環境に依存せずに表示言語を切り替えられるようにしていた

しかし、上記の対応ではいくつか問題がありました。

まず 1 についてですが、ユーザーが意識せずに表示言語が自分の環境に合わせて変更されるというメリットがあるのですが、SEO 観点からみると、どんなに複数の言語に対応されていたとしても URL は一つであるため、言語数分の評価がされないということです。基本的には日本語がメインなのですが、代わりに英語で評価されたとした場合にコンテンツ力が低いとみなされると「http://sorceryforce.net/」の評価が下がってしまい、同時に日本語サイトとしての評価も下がってしまうことになります。

2 についても SEO 観点から見た場合、クエリパラメータによる多言語対応はあまり評価対象にはならないようです。

上記の理由から今回以下のように多言語対応の仕様を変更しました。

  1. 言語の変更は URL のドメインの直下で指定するようにした
  2. URL で言語を指定していなかった場合は、HTTP ヘッダーで指定された言語のページにリダイレクトする

1 については前の仕様のクエリパラメータによる言語指定をパスに移動させた形になります。これにより、言語単位で URL が決定するので SEO に対する評価も言語単位になります。クエリパラメータで指定した場合とどれぐらい評価が違うのかといわれると定かではありませんが、URL の見た目的にもユーザーに分かりやすい形になっていると思います。URL の言語部分を変えれば表示される言語も変わります。たぶん大手のサイトとかもこの形式を採用しているところが多いです。

2 については言語が、指定されていなかった場合、日本語がメインのサイトなので日本語のページを表示させようかと思いましたが、正直、URL に対して言語指定ありなしで言語表示を分岐させるのがめんどうだったのでやめました。また、せっかく英語環境で見に来ても日本語で表示されるとみてくれない可能性もあるので、そうであれば対応する言語のページに飛ばした方が有意義かなと思いました。URL を変えずに表示言語を変える方法は前回の使用の 1 に該当してしまうのでやっていません。

上記変更に伴い、せっかくなのでユーザーが言語を変更できるようにページの左側に言語を選択できるドロップダウンをつけてみました。これでいちいち URL を変更せずに直接見たい言語を選択できるようになりました。また、前の仕様ではページを切り替えるたびに URL で再度言語を入力しなければいけませんでしたが、今回の修正に伴い、表示されている言語のままほかのページへページングできるようにもしました。

 

さて、ここまでの話でなんだか大がかりな変更をしているようにも思えるかもしれませんが、実は中身のコンテンツに対してはあまり多言語対応していません orz。特に Tips 系は日本語のままなのでどうしようかなと思っています。実際 HTML の多言語化をどうすればいいのかなーと悩んでいる段階です。まあ、コンテンツについてはおいおい対応していきたいと思います。


Outlook 2013 で予定表の「定期的な予定全体」がアラームで通知されない対処法

いつのことからかはわからないのですが、2014年2月あたりに予定表で「定期的な予定全体」を更新したものがアラームで通知されなくなっていたので、多分それ以前から起こっていた現象だと思いますが、表題の通り、予定表で「定期的な予定全体」を登録してもアラームに通知されません。通常の個別の予定の場合はアラームで通知されます。ちなみにメールや予定表は Microsoft アカウントを使用して Outlook.com と同期しているものを使用しています。

対処法ですが、Outlook.com にあるカレンダーに同様に「定期的な予定全体」を登録し、それをクライアントの Outlook 2013 と同期させると、クライアントのアラームで通知されるようになります。


ホームページの方をいろいろ更新

去年更新の方が停滞していたので、今年は少し更新するようにしました。ブログの方にもちょくちょく書くつもりだったんですがタイミングがなかったので今回まとめて書いておきます。ちなみに更新しているのは「sorceryforce.net」の方で「sorceryforce.com」ではありません。今後は「sorceryforce.net」の方を中心に更新していくつもりです。

各 Tips に概要を追加

各コンテンツのページの最初に概要が入るように、一応ローカルでも概要を登録していたのですが、サーバープログラムの方でまだ出力対応してなかった(というかローカルで作った概要すら取り込んでいない状態だった)ので、今回プログラム改修する際に概要を表示できるように対応しました。とはいってもコンテンツ内容量よって概要を入れるか入れないか切り分けていたりするので全ページに概要が表示されているというわけでもないのですが…。

各 Tips ページにツイートボタンを追加

Twitter のツイートボタンをページの後ろあたりに入れてみました。デフォルトではツイートするときに「ページタイトル – URL」となるのですが、タイトルによっては自分で文章いれてツイートしたのかわかりにくくなりそうだったので、ツイート文章の最初に「Read : xxxx」とつくようになってます。

今回入れたページは Tips 系のページだけになってます。他のページに入れるかどうかは検討中です。

各 Tips 公開

Project Linker を使用して複数のプロジェクトでソースコードを共有する

Visual Studio で複数のプロジェクトでソースコードの共有を自動化させる拡張プラグイン「Project Linker」を使用した説明を載せました。

Project Linker 2012 を Visual Studio 2013 で使用する

Project Linker 2012 は Visual Studio 2012 にしか対応していないため、これを Visual Studio 2013 で動作するための手順を載せています。

リモートデスクトップによる接続を行うための設定

元々の記事は sorceryforce.com の方に載せていたのですが、Windows 7, Windows Server 2008 R2 までしか書いてなかったので、今回 Windows 8, Windows 8.1, Windows Server 2012, Windows Server 2012 R2 を追加しました。

Windows 8, Windows Server 2012 で IME の入力状態をアプリケーションごとに持たせるようにする

元々ブログに書いていた記事なのですが、ブログのコンテンツはどんどん埋もれていってしまうので新たに書き起こしました。Windows 8.1, Windows Server 2012 R2 の確認も追加しました。


【艦これ】2013-12 E-3 コンゴウを第六駆逐隊だけで倒してみたかった

残念ながらイベント終了までに第六駆逐隊だけでクリアすることができませんでした。そんな残念動画をお楽しみください。


[艦これ] 2013/12 イベント E-1「観音崎沖」を第六駆逐隊だけでクリアしてみた

年末で忙しいですががんばってます。


URLから言語を指定できるようにしました

sorceryforce.net のサイトのほうですが、今まではブラウザに設定されていた言語設定によって対象の言語で表示するようにしていましたが、URL から表示する言語を設定できるようにしました。

アドレスの後ろに「?lang=en」のようにクエリ文字列を指定すれば対象言語で表示できます。今は40言語程度対応していますが、対応外の言語を指定した場合は日本語で表示されます(たぶん)。

あと、このパラメータはほかの画面に引き継げないので、ほかの言語で見たいページがあるときの対処として使ってください。(ほとんど自分用)