Windows 10 環境においての Windows Update のインストール方法を変更する

基本的には自動的に Windows Update されてもいいのですが、環境によっては再起動しないでそのままの状態でいてほしい場合もあります。しかし、Windows 10 ではそれはできず、必ず自動的に再起動されてしまうので、それを防ぐ方法をまとめてみました。

以下のページにまとめてあるので参考にしてみてください。ただ、標準的な設定でないことと、Windows Update を手動に切り替える方法なので、セキュリティ面のリスクが発生する場合があります。設定する場合は自己責任の範囲でお願いします。


Visual Studio 2008 に SP1 をインストールしたときに Intelisense 等の説明が英語になってしまう現象を修正する

下記のサイトにアクセスし「VS90SP1-KB957507-JPN-x86.exe」をダウンロードしてインストールします。インストールに少し時間がかかるので注意してください。


デスクトップの映像録画 Tips

デスクトップの映像を録画する方法について2つ Tips を書きました。どちらも無料版があるのでどのようなツールであるか試してみることができます。もっと他の機能を使いたいというのであれば有料版を購入するのもいいかもしれません。ただ、無料版でも十分実用可能です。

ちなみに私が艦これのプレイ動画を上げている際に使用している録画ツールは上記とは別の「Microsoft Expression Encoder 4」というものを使っているのですが、こちらも後で Tips として上げるかもしれません。ただ、サポート切れであるため、他のツールも探してみべきかということで他の録画ツールを探していたのですが、先述のツールはその過程で手順等を書いてみたものです。


ちーたんタッチボード Ver 0.22 がダウンロードできなかったのを直しました

すいません、ダウンロード確認していなかったのでダウンロードできないままになっていました。修正しましたので再ダウンロードお願いします。


ソフトウェアキーボード&マウスパッドアプリ「ちーたんタッチボード Ver 0.22」公開しました

0.01 だけ上げたマイナーバージョンアップです。不具合の修正や内部の仕様を変更したものなので見た目や操作などで大きく変わったところはありません。

ちーたんタッチボード本体についてはボードコンテナ定義ファイルの仕様変更に対応した修正がほとんどなので機能的には Ver 0.21 とほとんど変わっていません。「CapsLock」の送信キーを正しいものに変えたりとか、マウスパッドでマウスカーソルのキーエリアをタップしたときの挙動などが変わっています。

付属のボードコンテナ定義ファイルとダウンロードできるボードコンテナ定義ファイルのレイアウトや画像などを更新しました。こちらもそこまで変わっていませんがキーを増やしたり位置を変えたりしています。また、すべてのボードコンテナ定義ファイルにおいてちーたんタッチボード Ver 0.22 の仕様に合わせて内部のパラメータを修正しました。

一応過去のバージョンの定義ファイルも読み込めるようにはしていますが、このまま対応していくかどうかは、今後定義がどのように変わっていくかに影響されるかもしれません。


Windows 8.1 や Windows Server 2012 R2 で「SQL Server 構成マネージャー」を起動する方法

以前の OS では「SQL Server 構成マネージャー」はスタートメニューの SQL Server 関連のフォルダの中にショートカットとして配置されていたため、そこから起動することができたのですが、Windows 8.1 や Windows Server 2012 R2 に SQL Server をインストールするとなぜか SQL Server 構成マネージャーがスタートメニューのどこにも見当たらなくなります。(もしかしたら Windows8, Windows Server 2012 もかもしれません)

SQL Server 構成マネージャーを起動(使う)には以下の方法を行います。

スタートボタンを右クリックして「コンピューターの管理」を選択。

2014-08-06 08_48_56-rmtdt.sorceryforce.net_3404 - リモート デスクトップ接続

「コンピューターの管理」⇒「サービスとアプリケーション」の中に SQL Server 構成マネージャーがあります。

2014-08-06 08_49_21-rmtdt.sorceryforce.net_3404 - リモート デスクトップ接続


Outlook 2013 で予定表の「定期的な予定全体」がアラームで通知されない対処法

いつのことからかはわからないのですが、2014年2月あたりに予定表で「定期的な予定全体」を更新したものがアラームで通知されなくなっていたので、多分それ以前から起こっていた現象だと思いますが、表題の通り、予定表で「定期的な予定全体」を登録してもアラームに通知されません。通常の個別の予定の場合はアラームで通知されます。ちなみにメールや予定表は Microsoft アカウントを使用して Outlook.com と同期しているものを使用しています。

対処法ですが、Outlook.com にあるカレンダーに同様に「定期的な予定全体」を登録し、それをクライアントの Outlook 2013 と同期させると、クライアントのアラームで通知されるようになります。


ソフトウェアキーボード&マウスパッドアプリ「ちーたんタッチボード Ver 0.21」公開しました

先日ブログに書いた通り Ver 0.21 を公開しました。不具合の修正だけなのでバージョンを 0.01 だけ上げています。

修正した不具合の内容は

  • 一部のアプリケーションでカーソルキーや特殊キーを押したときに別のキーが押されたかのように動作する不具合
  • DirectInput を使用したアプリケーションに対してキーが反応しない不具合

です。主にゲーム系のアプリケーションに対して使用したときの不具合対応となっています。


[予定] ちーたんタッチボード Ver 0.21

近日 Ver 0.20 までのバージョンにあった不具合を修正した Ver 0.21 を公開する予定です。

修正される不具合は「いくつかのアプリケーションにおいて正しいキーが送信されない」になります。特にゲーム系のアプリケーションで発生する可能性があるため、機能拡張はいったんおいておいてこの不具合を修正することにします。

現在動作確認中ですので週末ぐらいにはリリースできると思いますのでお待ちください。


[ちーたんタッチボード] XAML ファイルからボードコンテナ定義ファイルの作成方法

ブログのコメントでどうやって作るのかというコメントがありましたのでサイトの Q&A のページに記載しました。機能概要のページには XAML ファイルからボードコンテナ定義ファイルを作れますと書いてたんですが、まだ仮実装の段階だったので作り方とかの記載を後回しにしていました。

XAML ファイルの定義もまだ決まっていないので今回は定義を書かずにサンプルファイルだけ公開する形にしました。定義のほうは今後のバージョンで決めていきたいと思います。

また、仮実装であるため、完全なボードコンテナ定義ファイルを作ることはできません。作れるのはボードのサイズ、キーの位置、サイズ、テキストなどでそのほか細かなパラメータは直接 .setting ファイルを編集する必要があります。また、.setting ファイルを新規に作成する機能だけですので、既存の .setting ファイルに対して修正をすることはできません。

作り方は以下の Q&A のページに記載しています。

XAML のサンプルファイルはダウンロードページからダウンロードできます。