ちーたんタッチボード ボードコンテナ定義ファイルの仕様を公開しました

ちーたんタッチボードを公開してから少し時間が経ってしまいましたが、ユーザーが自分でレイアウトを設定することが可能なボードコンテナ定義ファイルの仕様を公開しました。以下のページから参照できます。

どういったパラメータがあるかを定義しているので、それに従って設定ファイルを作成・修正してください。ただ構文を間違ったりすると起動したときにアプリケーションが落ちると思いますので注意してください。特に設定ファイルを公開する場合は事前に動作確認をお願いします。

サンプルとかは現在特に用意しておりません。ダウンロードページで公開しているボードパッケージを参照していただいた方がイメージが沸くかと思います。ダウンロードで用意しているボードコンテナ定義ファイルは改行とか一切ないので、JSON 整形ツールなどを使用して整形してください。ただし、ツールやサービスによっては JSON の仕様通りに正しく改行などが処理されない場合があります。そうなるとどう修正しても起動時にエラーになりますのでご注意ください。

ドキュメントのほうもそこそこ溜まってきたので、この後はプログラムの方に手を付けていきたいと思います。主に不具合修正がちょこっとと、Ver 0.10 で実装しきれなかったものを追加する予定です。


ちーたんタッチボードが窓の杜にてレビュー掲載されました

今年度に入り、最初のアプリとして Windows タブレット向けソフトウェアキーボード&マウスパッドアプリ「ちーたんタッチボード」を公開しましたが、窓の杜 様のサイトにてこのアプリのレビューが掲載されました。以下の URL 先から見ることができます。

窓の杜では過去に Windows Mobile 向け Twitter クライアント「ちーたん」が2回レビュー、チェックリスト管理ソフト「ラステイル」がライブラリに登録されていますが、今回新たにちーたんタッチボードを紹介していただきました。とても感謝しております。

ほんとはいろいろ書きたいこともあるのですが、今はちーたんタッチボードのドキュメントを作ったりとちょっとやることがあるので暇になった時に書きたいと思いますが(未定)、今後もちーたんタッチボードの機能は改良していく予定です。ただ、他のアプリも作っている最中なので少しずつ改良していっていくつか機能が溜まったら随時公開していく感じになりそうです。なのでそんなに高頻度でのリリースにはならないかと思います。まあ、ボードのレイアウトとかは定義ファイル書き換えればいいのでアプリケーションを更新する必要はあまりないんですけれどね。

ということで短めでしたが今年度もアプリケーションの公開や Tips の公開をやっていく予定ですのでよろしくお願いします。


ちーたんタッチボード Ver 0.10 を公開しました。

前回のバージョンが Ver 0.01 だったので普通は 0.02 になるのですが、特に大きなバグとかはなかったので一気に 0.10 まで上げました。

今回のバージョンアップはプログラム寄りかはボードパッケージの方を大きく更新した感じになっています。全体的にボードのサイズをやや大きくし、マウスパッドなどテキストでは表しにくいキーを画像に置き換えたりしました。

プログラムの方は特に大きな機能を追加したわけではなく、大きなところといえば設定画面を追加したぐらいです。まだ全設定をカバーしているわけではありませんが、今後徐々に画面から設定できるようにしていこうかなと思います。タッチ入力については Ver 0.01 時点で大方必要な機能は入れているので今のところ大きな改良をする予定はないです。

で、相変わらずドキュメントが全然そろっていないので、直近の方針としてはプログラム改修より先にドキュメントの方をそろえていきたいと思います。ホームページ側の作りこみもまだ不十分だったりするので、とりあえずはそっちを優先的にやっていきたいと思います。

ちーたんタッチボード


ちーたんタッチボード Ver 0.10 のマウスパッド (予定)

Ver 0.01 ではボードの各キーをすべてテキストで表示させていましたが、Ver 0.10 ではいくつかのキーを画像に置き換える予定です。たぶん一番変わるのがマウスパッドだと思います。とりあえず今はこんな感じです。

2014-04-14 00_24_46-MyTouchBoard2

ちょっとごちゃごちゃした感じになったような気もしますが、とりあえず見ただけでそのキーがどういった動作をするのかがわかるようにはしてみました。

キーに使用している画像自体は Boards フォルダ内に PNG ファイルとしてそのまま置く形になるので、ちょっと変えたいなーっていう場合は置き換えることもできます。ただし、新しいバージョンのボードコンテナ定義ファイルを入れるときに上書きされるので注意してください。(Ver 0.10 以降は明示的に上書きしようとしない限りは上書きされないようになります)

一応現在配布している Ver 0.01 にもこのボードコンテナ定義ファイルは適用できるのですが、Ver 0.10 から追加される設定メニューも含めているため、公開は ちーたんタッチボード Ver 0.10 の公開と同じタイミングになるかと思います。


テンキー Ver 0.1 を考えてみた [ちーたんタッチボード]

個人的にはテンキーはめったに使わないのでどういったレイアウトが使いやすいかがあまりわからないのですが、Ver 0.1 を考えてみました。(現在配布されているのは Ver 0.01)

まず1つめ。

2014-04-12 16_07_34-AllProject_2013 - Microsoft Visual Studio

Ver 0.01 とほとんど変わっていないのですが、カンマだった部分を 00 にしてみました。テンキーについていろいろ調べてみると、00 の部分が大きく2パターンになっていて、00 のキーか 0 のキーが2マス分となっているようでした。カンマについては電卓では自動的につくから使わないし、Excel でも書式設定すればカンマは自動でつくのでわざわざ入力することはないってことなんでしょうね。

さて、テンキーを見ると必ずといっていいほど存在するキーとして「NumLock」があります。一応 NumLock キーは定義してあるのですが、おそらくほとんどの環境では押してもなんの効果もないと思われます。たぶんですが、NumLock は ON のときに物理キーボードのテンキーの送信コードを切り替えて送っているため、ソフトウェア上で押したところで他のキーの送信コードが変わるわけではないのでなんの意味を持たないのではないかと思います。

ということで、NumLock の代わりにボードを切り替えて NumLock を押しているかのように見せかけるようなボードを考えてみました。

2014-04-12 16_07_40-AllProject_2013 - Microsoft Visual Studio

まあ、大体は NumLock を押したときのキー配置と同じようにしてます。00 のところはメインボードから外したカンマを、上の方は Excel でよく使う入力キャンセルの Esc, セル横移動の Tab, イコール、右側には「元に戻す」「やりなおし」を配置してみました。ちなみに真ん中の「5」はスペースにする予定です。

現在配布されているちーたんタッチボードにはボードの切り替え(前後)のほかに指定した識別名を持つボードへのジャンプ切り替え機能もあるので、NumLock キーをそれに置き換えるという方法もあるのですが、NumLock キー本体の価値が 0 なのかどうかまだわからない状態なので、とりあえず今までどおり通常のボード切り替えとして配布する予定です。

あと、Ver 0.01 ではテンキーは右手用だけでしたが、Ver 0.1 では左手用も配布します。


ソフトウェアキーボード&マウスパッドアプリ「ちーたんタッチボード Ver 0.01」公開しました

Twitter の方ではお知らせしていたのですが、こちらに書くのをすっかり忘れていました。前回ブログでお伝えしたとおりちーたんつ~るずの第1弾をリリースしました。その名も「ちーたんタッチボード」です。

ちーたんタッチボードがどんなアプリかと申しますと、Windows タブレットのデスクトップモードを快適に扱うためのソフトウェアキーボードとマウスパッドをセットにしたアプリケーションになります。

最近 8インチ型の Windows タブレットが売れているというニュースを聞いた方も多いかと思います。搭載している OS の大半は Windows 8.1 Professional であり、タブレット向けに作られた Modern (仮名) と従来のデスクトップアプリが動かせる2つのモードを持ったハイブリッドな OS です。

従来のデスクトップアプリを動かせるところがとても魅力的なのですが、ほとんどの端末がタッチ操作前提のデバイスになっており、従来のマウス操作向けに作ったアプリをタッチで操作しようとすると結構使いづらいところがあったりします。

そこでデスクトップアプリもできる限り快適に使うことができるようにと今回「ちーたんタッチボード」を作成しました。とはいってもほとんど自分用に作ったものなのですが、それなりに機能をつけてしまったので、ほかに使いたい方がいれば使っていただけるように公開しました。

ちーたんタッチボードの最大の特徴は「キーの配置設定を別ファイルに書きだしているため自由に配置を変更できる」「タッチでマウスカーソルを操作できるため、細かい操作も可能」なところです。もちろん通常のソフトウェアキーボードとしても使えます。

まだまだいろんな機能がありますので、その中からいくつか紹介します。詳しい説明やダウンロードページは専用のページを用意していますのでそちらをご覧ください。

あとすみません。また Ver 0.01 であるため、設定画面がなかったりドキュメントがなかったりしますが今度追加していきたいと思います。大部分の機能は実装済みなので設定ファイル直接いじればいろいろ変更できたりしますが・・・。

機能一部紹介

 

好みのボードの選択・追加

同じキーボードでもユーザーによって使いやすいレイアウト、慣れているレイアウトがあるかと思います。ソフトウェアキーボードでも同様で、例えば OS 付属のソフトウェアキーボードでも使いやすい、使いにくいがあると思います。

ちーたんタッチボードではそれを考慮し、ユーザーに合わせてボードに載せるキーの配置を自由に設定できるようにしました。

ちーたんタッチボードではボードの各キーの配置や大きさ、表示などをボードの設定ファイルで管理しています。配布サイトから入手した設定ファイルを配置することによって好みのキー配置のボードを追加することができます。

キーの自由な配置

Borads フォルダ下にある「.setting」ファイルは各ボードコンテナのキーのレイアウトを定義したファイルであり、JSON というテキスト形式で作成されています。よって、ユーザーが設定ファイルを開いてキーを追加したり位置の変更やサイズの変更などを行うことができます。不要なキーを削除してよりコンパクトなボードを作成することもできますので、自分なりのボードを作成してみてください。

用途に合わせたボードを選択

ボードを自由に選択できるということは通常の文書入力のとしてだけではなく、特定のアプリケーションに特化したボードとして使用することもできます。

例えばキーボードやゲームパッドにしか対応していないゲームを遊ぶ時や、イラストを描く際のショートカットキー配置などです。もちろんこれ以外の使い方もあるかもしれませんので自由にボードを選択してみてください。

 

マウスカーソルの操作

デスクトップ向けアプリの多くはマウスを使っての操作を前提としたアプリが多いため、タッチのみのデバイスで操作しようとすると操作対象が小さくて操作しにくい場合が多々あります。それを補うために擬似的に画面上にマウスパッドを配置してマウスカーソルを操作できる機能があります。

マウスカーソルの移動は2パターンあり、指を動かしただけ移動するマウスパッドモードとタッチポイントから指を移動した方向にカーソルが移動し続けるマウススティックモードがあります。

マウスパッドはタップによりマウスクリック、ダブルクリックの動作も行うことができます。(設定変更必要あり)

マウスホイールの機能もあります。ホイールによる動作はウィンドウ上にカーソルがあるかによって変わる場合がありますのでご注意ください。

マウスボタンもひととおり実装してあります。以下のボタンが使用できます。

  • 左ボタン
  • 右ボタン
  • 中央ボタン
  • X1ボタン
  • X2ボタン

一つのキーに複数の動作割り当て

一つのキーに対して複数の操作を割り当てることができます。たとえば「Ctrl」と「C」のキーを割り当てることによって「コピー」の動作、「Ctrl」と「V」を割り当てることによって「貼り付け」の動作をひとつのキーで行うことができます。

例としてイラスト向けのボードではその動作を実装しています。

D-Pad (Directional pad)

D-Pad は一つのキーの中に上下左右をまとめた特殊なキーになっています。ゲームコントローラーにある十字キーを想像していただければわかりやすいかと思います。

D-Pad は通常のカーソルキーとは異なり、押した瞬間から連続でキー送信を行うようになっています。主にゲーム向けの機能となっていますが、ボードの設定で挙動は変更することはできます。

ゲーム向けとは書いてありますが、通常のアプリケーションにも使用することができます。

 

IME の状態表示 (仮実装)

テキストを入力する際に現在 IME が ON なのか OFF なのかわからないことがよくあるかと思います。ちーたんタッチボードでは IME の状態に応じてボードの色が変わるようになっているため、IME の状態を間違えずにテキストを入力しやすくなっています。

色は設定ファイルで変更することができます。


IME が OFF の状態


IME が ON の状態

ボードの透過

ボードは透過に対応しています。ボードが見づらい場合は透過なしでも構いませんし、裏に隠れているウィンドウが見えるようにしたい場合は適度な透明度を設定することができます。


透過なし


透過率40%

ボードの背景への画像設定

ボードの背景に自由な画像を表示させることができます。標準ではキーの見やすさのために単色で表示させていますが、見にくくならないのであれば好きな画像を載せてみてもいいでしょう。画像が適度な透過画像であればボードも透過させることができます。

 

キーに画像設定

各キーにはテキストのほかに画像を表示させることもできます。テキストだけではわかりにくいキーの場合は画像を使用するとわかりやすくなるかもしれません

高DPI対応

OS の DPI の設定に合わせてボードのサイズが自動的に変わるようになっています。小さいデバイスで高解像度の環境でも適切な大きさでボードを表示、操作することができます。

XAML からボードコンテナ定義ファイル生成 (仮実装)

ボードコンテナ定義ファイルは Json 形式で定義されているため、直接テキストエディタで開いて修正することもできますが、キーの数が多いと面倒です。

現在仮実装ですが XAML ファイルでキーの配置を作成して所定のフォルダに配置し、ちーたんタッチボードを起動すると自動的にボードコンテナ定義ファイルが生成されます。ただし、現在仮実装であるため、一部は直接ファイルを編集する必要があります。


ちーたんつ~るず 始めます

最近はあまりツールやゲームを作ることがなく、ホームページをちょろっとメンテするぐらいだったので、ひさびさになんか作ろうかなーと思いました。ただ、本格的なものを作ろうとするとそれなりの時間がかかってしまうし、途中で飽きたり挫折したりする可能性もあるので、自分が作りたいものを規模の大きさに関わらず気ままに作るつもりです。基本的に誰かのために作る、というよりは自分が欲しいから作る、というスタンスです。ただ、自分しか使わないのももったいないので、他の人にも使えそうなものがあれば公開していこうかと思います。

さて、ツールを公開するにあたり、ちょんプロ(ちょっとしたプログラム)みたいなものを公開してもなんか素っ気ないので名前を付けることにしました。その名も「ちーたんつ~るず」です。「つ~るず」は Tools をひらがなにしたものです。「ちーたん」は以前作っていた Windows Mobile 用の Twitter クライアントの名前から持ってきました。Windows Mobile のサポートも終了したため開発の方もやめてしまいましたが、それなりに使われたツールであり、そのままなくしてしまうのももったいなかったので名前だけでも今回採用しました。

前述したとおり、ちーたんつ~るずは私が気ままに作るツールなので、誰向けに作るというものではありません。多くの人に使えるツールである場合もありますし、ものすごく限定された人しか使わないようなツールである場合もあります。何を出すかはその時の気分次第です。

どんな環境で動かせるの?

基本的には .NET Framework で作ったツールになるので Windows デスクトップ用になるかと思います。ストアアプリ版を作る可能性もあるかもしれませんが、あちらは申請とかいろいろ面倒なので、気ままに作れるデスクトップ向けツールになるかと思います。場合によっては Web ツールになる場合もあります。その場合は sorceryforce.net のβ版開発室で公開することになるかと思います。

でもお高いんでしょう?

気ままに作ったツールなので、そこからお金を取ることはありません。ツールによっては広告を入れるという場合もあるかもしれませんが、利用者がツールを使うにあたって直接お金を支払うということはありません。アプリの購入やアプリ内課金もありません。

何を作るの?

ここまで書いたのだからなんか出すんだろうと思われますが、はい、まずは第1弾を公開する予定です。詳しい内容についてはツール公開時に書きますが、ほぼほぼできているので週末あたりには公開できるかもしれません。バージョンは 0.01 ですが、なんだかんだいって当初予定していたもの以上の機能をいれてしまったので、Ver 0.10 ぐらいでもいいんじゃないかと思ってます。一応 Windows デスクトップ向けのツールです。デスクトップ向けといってもタブレット向けです。とりあえず内容はお楽しみということで。