ゲーム「リトルセイバー」フルバージョンの公開日についてのお知らせ

2019-03-28_リトルセイバー

大変長らくお待たせしました。ゲーム「リトルセイバー」フルバージョンのリリースが一部確定しましたのでお知らせいたします。公開までに特に問題がなければ以下の日程になります。

リトルセイバー UWP 版

  • 公開日:2019/03/30 (土)
  • ゲーム提供サイト:Microsoft ストア
  • 対応プラットフォーム:Windows 10, Windows 10 Mobile
  • 価格:税込み 980円 (Microsoft アカウントに紐づく。複数デバイスインストール可)

リトルセイバー デスクトップ版 (一部確定)

  • 公開日:1週間以内 (早くても 3/31)
  • ゲーム提供サイト:DLsite
  • 対応プラットフォーム:Windows7, Windows 8.1, Windows 10
  • 価格:税込み 972円 (プロテクトあり。1台のみインストール可)

体験版は引き続き公開していますので、どんなゲームなのか事前に遊んでいただくことができます。遊んでみたい方は以下のページからダウンロードできます。

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite
Share this...

リトルセイバーのプレイデモムービー#16, #17をニコニコ動画にアップしました

体験版を公開しましたのでそちらもよろしくお願いします!

Share this...

ゲーム「リトルセイバー」の公開時期変更について

ゲーム「リトルセイバー」の開発も佳境に入り2月に公開を予定しておりましたが、予想以上にゲーム制作のほうに時間が取れなかったのとテストに時間がかかっていることもあり、2月の公開が難しい状況となっております。そのため、ゲームのリリースは3月にずれ込む見込みとなってしまいました。ゲームの公開とプレイを楽しみにされていた方申し訳ありませんでした。

とはいうものの何もせずにそのまま3月に流してしまうのも申し訳ないので、本来完全版と体験版のリリースを同時に行う予定でしたが、先に体験版のみをリリースしようかと思います。

体験版の公開日については2月ぎりぎりの28日をめどに公開を予定しています (とはいっても平日にとれる作業時間が皆無なのでこれも厳しいと言えば厳しいのですが…)。体験版の中身については1月に仙台コミケで配布した体験版CDからいくつか修正の入った Ver 1.01 版となります。Ver 1.00 と同様最初のいくつかのステージが遊べるようになっているのとイベントシーンなどが省かれたものとなっています。主に戦闘などをメインに遊べるバージョンとなっております。注意点としてはセーブデータは完全版のほうには引き継ぐことはできません。

完全版のリリース時期についてはもう2~3週間ほど先になるかと思います。申し訳ありませんがそれまでもう少々お待ちください。

Share this...

ゲーム「リトルセイバー」の予定リリース環境

なんとなくメモ書きです。

リトルセイバーは MonoGame で制作しているのでフレームワーク的には他の環境でも動くようにはなっているのですが、一部 C++ でごり押ししているところがあるのでその部分は環境ごとに実装しないといけないようになっています。

今のところリリース対応プラットフォームで確定しているのは「Windows 10 (UWP)」と「Windows 10 Mobile (UWP)」のみなのですが、ほかの環境にもリリースしたいなーという思いはあります。

とりあえず対応環境ごとにリリースするかを希望、期待値を込めて数値にしてみました。数値が高いほどリリースする可能性は高くなってます。

プラットフォーム 期待値
Windows 10 (UWP) 100%
Windows 10 Mobile (UWP) 100%
Windows 7, 8.1, 10 (デスクトップ) 90%
Windows(?) (Steam) 20%
Android 20%
iOS 0%
Xbox One (UWP) 80%
Windows Vista 以前 0%
Windows Phone 8.1 以前 0%
その他コンシューマゲーム機 1%
Linux 1%
macOS 0%
Silverlight 0% (開発版のみ)

上記の数値はなんとなくで決めているのでリリース後の状況に応じて変わる場合もあります。

Xbox One は理論上動くはずなのですが、まだ実機を持ってなく未確認なので80%。

Steam は詳しく調べていないので 20% ぐらい。リリースできるプラットフォームを指定できるのかな? Windows デスクトップと同じ動作だったら問題なさそう。ただ個人でポイとリリースできる場所ではないようです。

1%のものは動かせたらいいなーぐらいの思いだけど、情報としては全くの未知の領域。

mac 系は現行の開発環境から明らかに開発環境を増やさないといけないのが分かっているので、PCとかあんまり増やしたくないという思いでリリース予定はありません。

すでにサポート対象外の環境にはリリースしない予定なので 0% です。

Share this...

リトルセイバーのプレイデモムービー#14, #15をニコニコ動画にアップしました

仙台コミケでディスプレイとして流していたデモムービーの第2弾と第3弾をそれぞれ3分バージョンに編集してアップしました。

ゲーム制作の進捗については別の記事で書こうかと思っていますがいろいろ忙しくて少し遅れ気味です。2月中にはなんとかしたいとは思っているのでもう少々お待ちください。(ちなみにアップしている動画はすでに編集済みのものなので動画制作に時間がかかっているわけではありません…)

Share this...

Windows Store 向けゲーム「エイッとウォーズ!」を公開しなおしました

以前公開していた同ゲームで「エイッとウォーズ」があったのですが、Windows 8 のころにリリースしたまま何もせずにしていたところ、ストアでの公開が停止されてしまいました。

レポートでは「App Policies: 10.1.4 Active Presence」のポリシーに引っかかっているとのことでしたが、復活させるにはメールでのやり取りを行わなければならないためめんどくさそうだったので別ゲームとしてリリースしなおしました。

Windows 8, Windows Phone 8 向けはそのままリリースされてそうだったので、今回新たに UWP 版で作り直しています。なので Windows 10, Windows 10 Mobile 両方で遊ぶことができます。ゲーム内容は以前と違うところはありません。ソースコードもほぼ100%流用することができました。ただ、セーブデータについては完全に別ゲーム扱いになっているので引き継ぐことはできません。ご注意ください。

以下のページからインストールするか、ストアで「エイッとウォーズ!」で検索してインストールしてください。引き続き無料で遊べるゲームとして公開しています。

Share this...

MonoGame 3.6 の UWP10 プロジェクトでキーボード操作を行うと遅延する

通常 Keyboard.GetState メソッドでキーボードの状態を取得すれば現フレームの段階でのキーの押下状態を取得できます。一度に複数のキーを同時に押しても問題ありません(キーボードの配線によってはキー同時押下の上限はあります)。

しかし、UWP10 のプロジェクトを作成し、Windows 10 の環境で実行すると、押下状態を瞬時に取得することはできず、段階的に1キーずつ取得されるような動作になってしまいます。しかも、しばらく押したままにして離すと、一定時間押下中判定のままになってしまい、その後これまた段階的に1キーずつ放すような状態の取得を行います。

ちなみに UWP8.1 のプロジェクトで同じ処理を行うとまったく問題はありません。

参考にその動作を録画してみたので、実際に見てみるとわかると思います。最初が UWP8.1 のプロジェクトでそのあとが UWP10 のプロジェクトでの動作です。

この件についてコミュニティで探してみると同じような報告があり、どうやら MonoGame 3.6 での Windows 10 用の実装に問題があるようです。3.6 リリース後に修正したとの書き込みがあり、とりあえず修正したものを使いたい場合は開発ビルド版を使ってくださいとのことですが、ダウンロードページでそれをダウンロードしようとしてもファイルが見つからないようでした (リンクミス?)。

とりあえずは現状で我慢するか、開発版を探す、UWP8.1 を使う、3.7 を待つのいずれかになりそうです。私はずっと UWP8.1 版を使っていたので気づきませんでした( ^ ^;)。

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite
Share this...

[UWPツール] JSON 整形 Ver 1.10 を公開しました

JSON のエスケープ回りで仕様に沿っていない文字があったのでそのあたりを修正しました。変換実行のタイミングで文字を解析するため、変換後のJSONテキストはバックスラッシュかユニコードのどちらかでエスケープされるようになっています。混在したまま出力することはできません。どちらでエスケープするからは設定で変更できるようにしました。

また、設定項目が少し増えてきたので、ボタンを押して設定を表示する形に変更しました。モバイルだとテキストエリアが結構狭かったので若干広くなったかと思います。

あと多言語対応もしました。Ver 1.00 でしていると思ってたのですが、たまたま英語環境で実行してみたら日本語のままだったことに気づき、確認してみたらまったく対応されてませんでした。してると思ってたので公開している国を242か国すべてにしていたという…。

ストアで公開しているので、ダウンロード・インストールはそちらで行ってください。使い方などについては以下のページに乗せています。

2017-01-28 17_50_55-JSON整形

Share this...

JSON 整形ツール(UWP)を公開しました。

UWP アプリケーションとして JSON テキストを整形できるツールを作りました。前に(今もですが) Web でβ版として公開していたものを UWP に移植したものになります。

2016-04-29 11_20_11-JSON整形

機能はシンプルなものになっていて、1行にまとめられた JSON テキストを貼り付けて変換ボタンを押すと、見やすいように改行やインデントをつけて表示されます。

一応 PC 向けとして作ってたのですが、UWP として作ったので Windows Mobile でも動作します。まあ、モバイルのほうでわざわざ使う人がいるかどうかはわかりませんが(^^;)

入手方法はストアから「JSON整形」で検索するか、以下の URL を開いて入手してください。

あと、説明専用のページを以下のリンク先ページに作成しました。

このツールは無料で使えますので、試しに使ってみたいという方は入れてみてください。

Share this...