ゲーム開発デモ版 Ver 0.50 を公開しました

2017-10-21_ゲームデモ版0.50

最近全然投稿できていなくてかなり間が空いてしまいましたがなんとかやっています。

制作動画のほうも一応話すネタとかはあるのですが、収録するタイミングが全然取れなくてあちらの方も投稿が止まっている状態です。ただ、制作のほうはスローペースですが作っており、今回デモ版を公開するに至りました。

とはいうものの、Ver 0.50 は何をメイン機能として公開しようかと考えていたのですが、これといって押せるような機能はなく、プレイしてみるとわかるのですが見た目とかは Ver 0.40 と大して変わっていません。まあ正直なところゲーム基盤は大体できてきたかなーっていう感じで、後は微調整とかテストとかコンテンツ制作とかデータとか作りこんでいく段階になっているので、今後のバージョンもそんなに見た目とかは操作感とかは変わらないかと思います。

Ver 0.50 の公開が遅くなったのもこのせいで、どの段階で区切りをつけようかと考えていてずるずる伸びていってしまったので、とりあえず現状でいったん区切ろう、ということで今回公開しました。

ちなみにゲームについてですが、操作方法とかは Ver 0.40 と同じです。ステージも1つのみで開始時にゲーム難易度を選択できます。今回仲間メンバーの数をかなり増やしたので、Ver 0.40 のように 0 になることはほとんどなく、難易度も前よりは簡単になっていると思います。ただ、敵味方共に強い攻撃を使うことがあるので油断せずに戦ってください。

ゲームは以下のページから遊ぶことができます。いつものように Internet Explorer & Silverlight でプレイしてください。

ほんとは UWP 版でプレイしてもらいたいのですが、こんな感じにデモ版のような感じで配布できるのかがわかっていないので様子見しています。Silverlight 版だとどうしてもカタついた動きになってしまうんですよね。


ゲーム開発デモ版 Ver 0.40 を公開しました

ブログや動画でもお伝えしていた通り、昨日ゲームの開発中デモ版 Ver 0.40 を公開しました。遊び方や改良点などは以前のブログや動画、また、ゲーム公開ページにも記載しているのでそちらをご覧ください。

ゲームは以下のページで公開しています。Silverlight を使用していますので Internet Explorer でアクセスしてください。

http://sorceryforce.net/ja/lab/gamedemoapp01ver0dec04

前にも記載した通り、パフォーマンスはそんなに良くないです。FPS が 60 を維持できない場合、特に移動中が少しがたつくかもしれません。移動中以外であれば、FPS が落ちても見た目はそんなにわからないと思います。

今回開発中バージョンということでそのままにしていますが、今後のバージョンでは負荷を下げるためになんらかの機能を省略するかもしれません。もちろん本リリースでは全機能を入れるつもりです。


しゃべりながらゲーム制作やってみます #32 命令とアイテム

前回の動画の Ver 0.40 紹介内容で残っていた「命令(クラスターコマンド)」と「アイテム」の紹介をしています。また、以前の投稿でのコメントにあった質問にも回答しています。

ゲームデモ Ver 0.40 についてはもう少ししたら公開できると思います。


しゃべりながらゲーム制作やってみます #31 Ver0.40 に向けて

約3か月ぶりの投稿、収録は5か月ぶりとかなり間が空いてしまいましたがやっと投稿できました。今回は Ver 0.40 に向けての追加した機能などを紹介しています。内容は動画や前のブログなどで説明しているのでそちらをご覧ください。


ゲームデモ版 Ver 0.40 公開予定について

最近は制作動画のほうの更新もなかなかできずにいたので情報公開がしばらくできていなかったのですが、一応プログラムのほうはちまちまと作っていました。Ver 0.40 は「この機能を入れる!」っていうような新機能はなかったのでどのあたりまで作りこむか迷っていたのですが、とりあえず各機能が問題ないレベルまで動くようになったのでそろそろ Ver 0.40 を公開しようかと思います。

現在のゲームイメージは下のようになります。

2017-04-21 22_17_57-ゲームデモ Ver 0.40 - β版開発室 - ソーサリーフォース - Internet Explorer

ゲームの操作方法や各説明についてはゲーム公開ページに載せる予定なのでここでは記載しません。

Ver 0.30 では2ステージから選択できていましたが、今回は1ステージのみとなっています。その代わり、ゲーム開始時に難易度を3種類から選択できるようになっています。ちなみに Ver 0.40 の難易度は過去3バージョンに比べるとかなり難しくなっていると思います。

難易度で「普通」を選択した場合でも、立ち回りをうまくしないとクリアが困難になる可能性があります。「簡単」を選択すれば相変わらず仲間が勝手にどんどん敵を倒してくれます。「難しい」を選択するとジリ貧状態まで追い込まれるので、作者自身がプレイしてもなかなか難しかったです。

ちなみに私が各難易度をクリアした結果は下のようになりました。神プレイを狙ったわけではなくとりあえず1回クリアしてみたものです。

2017-04-22 19_09_10-OneNote

2017-04-22 19_02_53-OneNote

2017-04-22 18_50_07-OneNote

「易しい」「普通」はそれなりの結果でクリアできたと思いますが、「難しい」はクリアに27分もかかってしまいました。敵の数に対して仲間が圧倒的に少ないので余計に時間がかかります。

今回のデモ版のクリア条件はすべての敵を倒すことです。ボスはいません。しかも敵は赤色と黄色がいるので、片方だけ攻めているともう一方に攻撃される可能性もありますので、マップを見て現在の状況を把握する必要があります。

ゲームのパフォーマンスについてですが、60FPS を出すのが結構難しい状態になっています。私の環境でゲームの設定を変えずにプレイした場合、敵の数が画面内に多くなったりすると40FPS ぐらいまで落ちてしまいました。試しに GPD WIN でプレイした場合は 20FPS でした。

一応負荷軽減対策としてゲーム開始前のオプションでユニットの配置数を変えることができるようになっています。もしまともにプレイできないようであればユニットの配置数を減らしてプレイしてみてください。逆にもっとユニットを出したい場合は増やしてみるのもいいかもしれません。

2017-04-22 21_15_23-OneNote[3]

ちなみにパフォーマンスがでない理由についてはよくわかっておりません。おそらくですが、ゲームプログラムが Internet Explorer を介して動いているため、その分余計なオーバーヘッドがかかっているのではないかと思っています。ちなみに UWP でも同じプログラムを使って動かしていますが、こちらの方は2倍程度高速に動いている感じです。

一応パフォーマンスを改善できる点はまだあるのですが、今後もまだ機能を追加するものがあるので、そちらの負荷が上がったときに改善しようと思っております。今回も開発版なのでそこまで最適化を行っているわけではありません。

今後の予定について

プログラムのほうは動作確認を残しているだけなので、早いうちに公開できると思います。その前に今回のバージョンに向けての制作動画を2本撮ったので、先にそちらの方の編集を行って公開した後にゲームを公開しようと思っております。

ちなみに Ver 0.40 になってもいまだに Game Demo  というタイトルなのですが、今はシステム構築がメインなので、Ver 0.50 公開あたりまではたぶんこのままだと思います。コンテンツなどは後半に行う予定です。


制作中のゲームデモ版 Ver 0.30 を公開しました

そろそろ公開しようと思ってはあれこれ直して、また公開しようとしてあれこれ直してたら Ver 0.20 から4か月ほど経ってしまいました。まあその分だけ Ver 0.30 より後で実装しようとしていたものも部分的に実装できたのでよかったのですが。

Ver 0.30 の制作で一番苦労したのは、ゲーム制作実況動画でもしゃべっていたのですがやはりマップを多階層にしたことによる NPC の移動の AI 制御ですね。とにかく階段付近での1階から2階への移動あたりで(逆移動も)ユニットが引っかかることが多くて1ピクセル単位で微調整していました。今も完全に解決したわけではなく解決しているかのように見せているだけなのですが、デモ版をやっている限りは特に問題ないように見えると思います。あ、Ver 0.30 公開にあたる実況解説については都合が取れないのでタイミングが良ければやる形にしたいと思います。

追加した機能などについてはゲームを公開しているページに書いたのでどちらを見ていただければと思います。とりあえずここでは目立ったものについて書いていきます。

マップの多階層化

Ver 0.20 では1階層のみで通行不可の場所は崖として配置してました。Ver 0.30 では階段を配置することにより崖を登れるようになっています。マップによっては高台を経由しないといけない場所もあります。

2016-07-13 22_52_34-CpuGameDanke1SLXna - Internet Explorer

SFショット

Ver 0.20 までのノーマルショットに変わる強攻撃の位置づけとして「SFショット」が使えるようになっています。新武器というわけではなく、通常攻撃に付加効果を与えるものになっています。「SFショット」を使うと、「FP」または「SP」を消費してノーマルショットをベースに「ダメージ増」「射程増」「連射速度増」「貫通力増」「弾速増」など様々な付加効果を得られます。

2016-07-16_02

ちなみに新武器はまだ実装していないのでお預けです。

マウス操作

まだ仮実装レベルですが、わざわざキーボードで操作するのがめんどいという方にマウスでの操作ができるようにしました。マウスカーソルに青丸が表示され、マップの空いているところをクリックすると黄色の丸が表示されてそこにユニットが移動します。敵をクリックするとその敵を攻撃します。

2016-07-16_03

Ver 0.30 ではSFショットが使えないなどいくつか未実装なものもあります。

ステージを2つ用意

今回ステージを2つ用意したのでどちらかで遊ぶことができます。ただ Ver 0.30 ではそこまで明確な違いはなく、「味方敵のレベルが違う」「敵の構成が違う」ぐらいでマップなどは共有になっています。「ステージ4-2」のほうが難易度が少したかいですが、今回のデモ版は全体的に難易度が低くなっているのでクリアはそんなに難しくはありません。また、マップについては複数用意してその中からランダムに選ばれるようにしました。毎回同じマップにならないようにしています。

ミニマップ

実況動画のほうでも説明しましたがミニマップが改良されています。地形がわかりやすくなっており、味方や敵の位置がわかるので攻略する際に活用してください。

2016-07-16_04

AI の強化

Ver 0.20 までは味方がランダムに動き回って敵がいれば戦うスタイルでしたが、Ver 0.30 では近くの敵に積極的に戦うようになりました。もともとこの機能は Ver 0.30 で実装予定はなかったのですが、ボスが隅っこにいたりするとプレイヤー1人で戦わなければならないことが多くかなり苦戦してたので急きょ実装することにしました。この AI の強化のせいで Ver 0.30 の難易度がかなり低くなってしまいました。( ^^;)

 

ゲームは以下のページで公開しています。Ver 0.20 と同様に Silverlight + XNA で実装しているので、初めてプレイされる方は、Silverlight の設定が必要になります。リンク先のページの真ん中ぐらいに設定方法が書いてあるのでそちらを参照してください。


しゃべりながらゲーム制作やってみます #27 マップ改良とマウス対応

すみません、なんか2か月ぐらい間が空いてしまったのですが、ひさびさに投稿しました。あんまり作業時間とれないのはつらいですね。

今回は Ver 0.30 に向けての途中経過報告となっています。マップを改良しつつ、マウス操作にも対応させるようにしました。動画の公開が伸びた原因はほぼマップ改良でしたね…。


しゃべりながらゲーム制作やってみます #26 Ver 0.20 公開!

ゲーム開発中デモ版 Ver 0.20 を公開したので、その改修内容や変更点について説明をしています。作るにあたって気を付けた点や、Ver 0.20 の内輪話などもしています。

ゲーム画面を実際に動かして説明しているので、画質が悪いです。ご了承ください。(エコ回避で動画イサイズを小さくしているので)

ほんとは昨日のうちに公開できるはずだったのですが、なぜかエンコードするとツールがエラーで落ちまくっていたので、四苦八苦しながら作って遅くなりました。


ゲームデモ版 Ver 0.20 について

結構時間がかかってしまいましたが、ようやく公開できそうな段階まで出来上がってきました。都合がつけば今週中ぐらいにはアップできると思いますが、仕事がやたら忙しいため、下手すると次の週末になりそうな予感もしています(実際その確率のほうが高い)。

変更内容とかは公開したときに書きたいと思いますが、Ver 0.20 からは GPU 処理に代わりますので、ゲームを始める前に1回 Silverlight の設定を変更する必要があります。変更方法については公開後に、該当ページに説明を入れておきます。1回設定すれば、ほかのバージョンを公開した場合でも再設定の必要はありません(同一ドメインならそうだった気がします)。

パフォーマンスは想定していたよりはいい感じです。まあ結構アルゴリズムの最適化を行ってきたのでそうでないと割と困るのですが(^^;)。一応持っているデスクトップPCとノートで動かしてみましたがほぼ問題ありません。どちらも割と高スペックなのであまり参考にはならないのですが…。試しに DELL の Venue Pro 8 のタブレット PC でも動かしてみたのですが、たぶん 30FPS ぐらいでスムーズに動いている感じでした。ただ Ver 0.20 はまだキーボードしか対応していないので、ちーたんタッチボードを起動して無理やり操作したのですが。

続きは時間が取れた時に。下に載せたイメージは開発中の画面です。

2


Silverlight で XNA のコンテンツプロパインを使うためのプロジェクトファイルへの追加書き込み

なんか毎回忘れているのでメモ書き。

csproj ファイルをテキストファイルで開き、Project タグ以下に以下のタグを追加する。

<PropertyGroup>
   <XnaContentProject>..XXXXSampleContentProjectXXXXSampleContentProject.contentproj</XnaContentProject>
</PropertyGroup>
<Target Name="BeforeBuild">
   <MSBuild Projects="$(XnaContentProject)" Properties="XnaContentPipelineTargetPlatform=Windows;XnaContentPipelineTargetProfile=Reach" />
   <CreateItem Include="$(XnaContentProject)">
     <Output TaskParameter="Include" ItemName="XnaContentProjectItem" />
   </CreateItem>
   <CreateProperty Value="%(XnaContentProjectItem.RelativeDir)">
     <Output TaskParameter="Value" PropertyName="XnaContentProjectPath" />
   </CreateProperty>
   <CreateItem Include="$(XnaContentProjectPath)cachefile*targetpath.txt">
     <Output TaskParameter="Include" ItemName="XnaContentCacheFile" />
   </CreateItem>
   <ReadLinesFromFile File="@(XnaContentCacheFile)" Condition="Exists(@(XnaContentCacheFile))">
     <Output TaskParameter="Lines" ItemName="XnaContentOutputs" />
   </ReadLinesFromFile>
   <CreateItem Include="@(XnaContentOutputs->'$(XnaContentProjectPath)binAnyCPU$(Configuration)%(Identity)')" AdditionalMetadata="Link=Content%(RelativeDir)%(Filename)%(Extension)">
     <Output TaskParameter="Include" ItemName="Content" />
   </CreateItem> </Target>

ただし、プロジェクトをビルドしたりなんかしているといつの間にか以下のようなコメントが csproj ファイルの中に追加されていて、前に追加したタグもすべてコメントアウトされていることがある。

To modify your build process, add your task inside one of the targets below and uncomment it. Other similar extension points exist, see Microsoft.Common.targets.

実はコメントアウトされたタグの下にまったく同じタグが再度追加されているが、なぜかこのコメントアウトされたものが残っていると正しくコンテンツパイプラインが動作しない。なのでコメントをすべて削除して再ビルドする必要がある。

メモ書きなので環境によっては動作が異なる場合があるので注意してください。