UWP アプリケーションをデバッグ実行したときにエラーで配置されたなかった時の原因と対処法

どのタイミングでそうなったのかわからなかったのですが、表題の通り VS2019 で新規で UWP プロジェクトを作成して実行してもエラーで実行できませんでした。Windows を再起動してもダメ。

とりあえずネットで探して以下のページで紹介されている内容で対応しました、

]]>

Share this...

SFTP の Tips を公開しました

Windows 10 や Windows Server 2019 では SFTP (SSH) に関して OpenSSH のインストールが簡単になっており、わざわざ Linux 系のサーバーを使わなくても SFTP サーバーの構築が簡単にできるようになりました。

以前 SFTP サーバーの構築の機会があったので、その手順について Tips としてまとめてみました。上記以外の OS では OpenSSH のダウンロードからのセットアップが必要ですが、その手順についても一緒にまとめています。

今回はセットアップと実際にコマンドを使用して SFTP によるファイルの送受信までを書いていますが、後で .NET を使用した SFTP 送受信プログラムの Tips も書こうかと思っています。

image

]]>

Share this...

デスクトップアプリケーションを Microsoft ストアで公開する Tips を書きました

調べてもあんまり情報がなかったのでとりあえず一番簡単な方法で Microsoft ストアに公開できる手順をまとめてみました。Desktop Bridge を使っていますが、2~3年ぐらい前に比べると簡単に行えるようになってるみたいです。

ただやってみた感想としては100%そのまま移行できるというわけではなく、いくつか修正が必要な場所が出てくるところがあります。特にプログラムの実行場所がユーザーフォルダでもなく Program Files でもなく UWP のインストール場所になるので、プログラムの配置場所に依存するコードを書いてたりするとそのまま動かなかったりします。インストールしてのデバッグ実行は可能なので公開前には動作確認を行った方がよさそうです。

————————

]]>

Share this...

WiX の Tips を公開しました

Windows 向けアプリケーションのインストーラーを作成するのに使われることの多い WiX に関する Tips をいくつか作成しました。WiX を使用すると Visual Studio に標準で含まれているセットアッププロジェクトよりも、より自由な形でインストーラーを作成することができます。

ゲーム「リトルセイバー」の体験版を配布したときも WiX を使用してインストーラーを作成しており、せっかくなので覚えたことを Tips にしてみました。

Tips は以下のページにまとめております。

———————————

  • プログラム配布用の Windows インストーラーを作成ための WiX をセットアップする
  • Wix を使用して Windows インストーラー「MSI」を作成する part1
  • Wix を使用して Windows インストーラー「MSI」を作成する part2
  • バージョンアップしたアプリケーションを配布するインストーラーを WiX で作成する
  • インストーラーファイルの付加情報を日本語で設定する
  • CAB ファイルを MSI ファイルの中に含める
  • 64bit アプリケーションをインストールするインストーラーを作成する
  • Ngen.exe を使用してインストールしたプログラムの起動を高速化

image

]]>

Share this...

ホームページ運用サイトの新サイトへの移行予定について

現在 Web サイト「ソーサリーフォース」を「http://sorceryforce.net/」で運用していますが、運用を開始してから9年ぐらい経ちました (まあ、最初の2年ぐらいはほぼ放置してたんですが…)。

5年10年経つと Web の仕組みがどんどん変わっていき、当時のスタイルに合わせて構築していたものも古くなってきたので新しくサイトを作り直すことにしました。

とはいうもののまったく新しいサイトというわけではなく現サイトのリプレースみたいな形なのでサイト名も変わっておりませんし、レイアウトも少し変えたぐらいになっています。

新しいサイトの URL は「https://core.sorceryforce.net/」なんですが、現在仮運用中なので順次移行を行っていき、完了したら最終的には「https://sorceryforce.net/」に戻す予定です。

ちなみに新しいサイトでは何が変わったかというと、見た感じでは分からないですが以下のものを作り直しています。

  • 見た目を少し変更 (流行に合わせているわけではありません)
  • HTML5 に準拠 (可能な限り)
  • CSS3 に準拠 (可能な限り)
  • 参照クライアントライブラリをバージョンアップ
  • ほぼ HTTPS 対応 (現在 HTTP はつながらないようになっています)
  • Web エンジンを ASP.NET から ASP.NET Core に変更

内部的なところは大きく変えていますが、閲覧者には関係ないところなので割愛します。まだ構築中なところもあるのでうまく表示されなかったりリンクがおかしい、見た目がおかしいところがあったりしますが、順次修正していきたいと思います。

当面は2つのサイトで運用しますが、統合後「https://sorceryforce.net/」に戻しますが「https://core.sorceryforce.net/」でもアクセスできるようにはしておきます。

]]>

Share this...

ちーたんタッチボード Ver 1.02 を公開しました

今回バグの修正としてリリースしましたが、前回のリリースから2年経っているので動作環境においてもいくつか変更点があります。

修正したバグの内容は以下の通りです。

  • キーのテキストのフォント名に Windows にインストールされていないフォント名を指定すると起動時にエラーが表示される不具合を修正
  • タスクバーが上、または左に配置している状態でボードを隅に配置させた際、タスクバーの幅分表示位置がずれる問題を修正

また、動作環境の変更においては以下ようになっています。

  • Windows XP, Windows Vista は動作対象外としました。動く可能性はありますがサポート対象外です。
  • .NET Framework のバージョンを 4 から 4.6.1 に変更しました。Windows 10 であればアップデートしていれば入っていると思います。Windows 7, 8, 8.1 は Windows Update から更新可能です。

ダウンロードは以下のページから行ってください。

]]>

Share this...

Windows で遊べるゲーム「リトルセイバー」が DMM GAMES にて公開されました。「遊び放題」プランでも遊べます。

image リトルセイバーは現在、Steam や MSストア、DLsite で公開していますが、今回新たに DMM GAMES にて配信開始されました。内容は他で公開しているものと変わりませんが、DMM GAMES を中心に遊んでいる方は手軽に遊べるようになりました。 価格は他で購入する場合と変わらないように 980 円で統一しています。現在ポイント還元中 (たぶん 20%) なので、他のサイトよりはお得になっていると思います。 また、DMM GAMES には特有のプラン「遊び放題プラン」があり、こちらでもリトルセイバーを遊べるようになっています。たしか月額 980 円だったので、1か月限定で考えればかなりお得なんじゃないかと思います。すでに遊び放題プランに加入しているからであれば気兼ねなく遊ぶことができると思います。 ストアページは以下のリンク先となっています。

対応プラットフォームは他と同じく Windows 7 以降となっています。DMM GAME PLAYER のインストール(無料)が必要らしいです。 リトルセイバーの公式ページと体験版ダウンロードは以下のリンク先となっています。 ]]>

Share this...

Windows向けに公開中の2Dアクションゲーム「リトルセイバー」をAndroid版としてGoogle Playにて配信開始しました

戦闘ステージ_Mobile_002 Windows, Windows 10 Mobile 向けに配信していたゲーム「リトルセイバー」を Android 向けに公開いたしました。2か月ほど前にテスター向けに限定公開していましたが、ようやく正式版として公開することができました。 「リトルセイバー」は多数のユニット同士が戦い合うリアルタイムバトルアクションゲームでPC向けに制作しておりましたが、スマートフォンでも遊べるように Android で動くようにしました。とはいっても実はすでにスマートフォン OS である Windows 10 Mobile でも遊べるようになっていましたので、すでに遊ばれた方もいるかもしれません。ただ、Windows 10 Mobile ユーザーは全体的に少ないと思いますので、今回 Android に対応したことによって多くの人が遊べるようになったかと思います。

要求スペック

要求スペックは以下のようになっています。細かいことについては下の方に書いてあります。
  • CPU : Snapdragon 617 相当
  • メモリ : 2GB
  • OS : Android 8.0 以降 (7.0 は未検証、6.0 以前は非対応)
推奨スペックなので上記スペックより低くても動作しますが、その場合カクカク動作になったりするかもしれません。

配布場所と価格

Android 版のリトルセイバーも有料版と無料版があります。有料版はアカウント単位で買い切りです。価格は Windows 版と同じで 980 円となります。配布・ダウンロード先は Google Play となっており、apk 単体では配布しておりません。 注意点としてセーブデータについてですが、有料版と体験版は別アプリとして配布してありますので、体験版のセーブデータを有料版の方に引き継ぐことはできませんのでご注意ください。

PC 版と違う点 その1

PC 版と違う点はスマートフォンは PC に比べるとかなりスペックが低いので、同時に動くユニットの数はそれなりに減っています。とはいってもスマートフォン同士でもスペックの差はかなり広いのでオプションでユニットの配置数はある程度調整することは可能です。低スペックのスマートフォンだと配置数を最低にしてもカクカク動作になりますし、私がテストした Google Pixel 3a の場合、最大数で配置してもほぼスムーズに動作しました。より高スペックなスマートフォン、タブレットならもしかしたら PC モードでも遊べるかもしれません。PC モードはユニットの配置数ははるかに多いですが、そもそも広い画面が必要なので少なくともタブレットぐらいのサイズは必要です。 image 一応要求スペックとしてはCPUは「Snapdragon 617 相当」、メモリは「2GB」にしてあります。ただスマートフォンの種類がかなり多いので正直ここが妥当なのかはわかりません。体験版も公開してありますので事前に動作確認してください。

PC 版と違う点 その2

PC 版と違う点のもう一つはひとつのステージの広さがPC版に比べて狭くなっています。前述のスペックを考慮しているのもひとつなのですが、スマートフォンの場合、出先などで少しだけ遊ぶ、というスタイルもあるかと思いましたので、なるべく1つのステージを小さくしてステージクリアごとにセーブできるようにしました。その代わり PC 版に対してステージ数(深さ)を増やしました。普通に遊べば攻略にかかる総時間は PC 版と変わらないかと思います。

公式サイト

いまだに完成していないのですが、以下の URL が公式サイトとなっております。Windows 版もこちらから体験版をダウンロードできたり、有料版の購入ページにアクセスすることができます。

参考プレイ動画

ニコニコ動画、Youtube でリトルセイバーのプレイ動画を公開しています。どちらも投稿している内容は同じです。 ]]>

Share this...

ゲーム「リトルセイバー」Ver 1.08 を公開しました

2か月ぶりですがバージョンアップしました。主に海外環境での改善になるので、現在プレイしている方で動作に問題ない方はすぐにバージョンアップする必要はないかと思います。

機能改善
  • 日本語、英語以外の言語を選択したときにテキストが枠をはみ出ないように改善。
仕様変更
  • 【バランス調整】特殊技の消費SFを若干減らした。
不具合修正
  • ユニットが強化されると特殊技の消費SFが減る問題(本来増える)
  • フランス語環境など日本語や英語と数値の書式が異なる環境で実行したときに戦闘開始時に異常終了する問題

それと Android のβ版を2か月ほど前に公開しましたが、Google Pixel 3a で動作に問題ないことを確認しましたので近いうちに公開したいと思います。

スマフォなので値段を下げるかどうか考えましたが、高スペックスマフォだと Android でも全然動作に問題ないことがわかりましたので他と同じ 980円付近にしようかと思います。もしかしたら高スペックなら PC モードでも動作するかもしれません。

]]>

Share this...

ゲーム「リトルセイバー」を Steam にて公開しました

image

現在 Microsoft Store, DLsite にてリトルセイバーを公開しておりますが、提供できる場をもう少し広げてみたかったので今回新たに Steam でもゲームを公開することにしました。ゲームの内容はいずれも同じ内容となっておりますので、完全版を遊ばれる方は好きな場所から購入していただくことができます。Steam の公開ページは以下のリンク先となります。 体験版も Steam 経由でプレイ可能です。完全版の価格については他サイトとほぼ同じ 980 円となります。Steam で公開されているゲームは割と高めだったりするのですが、Steam の販売価格だけ高くしてもアレなので同じようにしました。 Steam 経由でゲームをプレイする際、割と親切だと思ったのが、ゲーム実行に必要なコンポーネントをゲーム開始前に自動でインストールしてくれるところでした。DLsite で公開しているプログラムはゲームの実行ファイルだけですので、ゲームをプレイする際は自分でコンポーネントをダウンロードしてきてインストールする必要がありました。MS ストアで公開しているアプリは全部含まれているのでこちらも何もせずにそのままゲームを実行できますが、UWP という限られた環境内なので、Windows 7 以降も含めて対応している Steam は割と親切だと思いました。(macOS や Linux も対応しているっぽい?) Steam でゲームを公開するまでは登録する内容が沢山あったりすぐにゲームを公開できなかったりレビュー返しを沢山くらったりしましたが何とか公開までたどりつけました。わりかし国外の方も見ることが多いらしいのでぜひ遊んでいただけると嬉しいです。]]>

Share this...