ちーたんタッチボードを使ってExcelで現在日時を1キーで入力する

image ちーたんタッチボードでボードをカスタマイズされている方はもうご存知かもしれませんが、ちーたんタッチボードではキー1つに対して複数のキー押下を割り当てることができます。設定の仕方とか説明すると長くなってしまいますのでホームページのほうを見ていただければと思いますが、キーのパラメータの「Processes」に値を設定することによって、その動作を行うようになります。 image で、Excel のセルに現在日時を1発入力させるには以下のパラメータを設定することによって可能です。Processes はあくまでもキーの同時処理がメインなので、順番に処理させるのは得意ではないのですが、少し裏技的な設定で可能です。

[{"KeyType": "LeftCtrl"},{"KeyType": "OemSemicolon"},{"KeyType": "LeftCtrl", "ExecuteTiming": "Pressed"},{"KeyType": "Space"},{"KeyType": "LeftCtrl"},{"KeyType": "Colon"},{"KeyType": "LeftCtrl", "ExecuteTiming": "Pressed"},{"KeyType": "Enter"},{"KeyType": "Up"}]
ここでミソなのが、セミコロンを入力した後に再度 Ctrl キーを押すようにしています。パラメータ「ExecuteTiming」に「Pressed」を指定することによって押下した直後にリリースさせることができます。一番最初の「Ctrl」は実際にキーを指から離すまでずっと押下が有効になってしまうため、後ろのスペースキーにも影響してしまいますが、その前に Pressed で離す動作を入れることによって Ctrl キーを強制的に無効にしています。 後はショートカットキーの流れで実行しているので現在日時が入力されるというわけです。後ろ2つで Enter と Up を指定していますが、現在日時を入力しただけではセルの入力が確定していないので、Enter キーで確定させ、選択が1セル分下に移動するので↑キーで戻すようにしています。この辺りは必要であれば入れたり外したりしてください。 ちなみにこのパラメータを指定すると、キーボード的には下のような流れの動作になります。
  1. Ctrlを押す
  2. セミコロンを押す
  3. Ctrlを押す
  4. Ctrlを離す
  5. スペースを押す
  6. Ctrlを押す
  7. コロンを押す
  8. Ctrlを押す
  9. Ctrlを離す
  10. Enterを押す
  11. ↑を押す
Ctrlキーを2回押すという物理的にはあり得ない動作になっていますが、そのあとのCtrlを離すできちんと離したことになるみたいです。 あと、このキーを押しっぱなしにするとセミコロンとコロンが入力されてしまうという動作になってしまいますので、押すのは1回だけにしてください。 image ※問い合わせていただいたサンプルキーを使っています。]]>

Vaio Duo 13 (Vaio 系列含む) を Windows 10 にアップグレードした後に動画再生が乱れる現象を直す

Vaio Duo 13 を Windows 8 (8.1) から Windows 10 にアップグレードすると、VAIO TV with nasne やその他動画再生ツールによる動画再生で画像が乱れる場合があります。下の画像のように右側4割ぐらいが真横に伸びたような感じになります。

2015-11-14 09_23_21-TopWindow_600px

これを直すには Vaio の設定を変える必要があります。

スタートメニューから「すべてのアプリ」を選択して「VAIO Control Center」を起動します。

2015-11-14 09_26_30-検索

左のリストから「画質」を選択し、右の項目から「X-Reality for mobile」の上の項目チェックを off にします。

2015-11-14 09_25_28-VAIO の設定_600

動画を再生すると直ることが確認できます。ただし、高画質モードを off にするので映像が若干ぼやけるような感じになるかもしれません。

2015-11-14 09_26_01-TopWindow_600

]]>

Visual Studio でアセンブリ署名を作成・登録しようとするとエラーがでる (解決済み)

環境

  • Windows 10 Pro
  • Visual Studio 2015 Community

現象

環境を Windows 10 (新規)に移行して Visual Studio 2015 を入れたのですが、以前のプロジェクトを編集していると一部のプロジェクトでアセンブリ署名がうまく設定されない現象に出くわしました。

原因を探るために新規プロジェクトを作成して試してみました。今回はコンソールアプリケーションです。プロジェクトを作成しただけで特に何も追加していません。

2015-09-16 22_34_37-3D Builder

プロジェクトのプロパティを開き、アセンブリの署名キーを作成します。

2015-09-16 22_35_20-3D Builder

ファイル名とパスワードを入力します。

2015-09-16 22_35_44-厳密な名前キーの作成

しかし、「操作を完了できませんでした。アクセスが拒否されました。」のエラーメッセージが出てしまいました。

2015-09-16 22_36_23-Microsoft Visual Studio

プロジェクトにもキーファイルは追加されていません。

2015-09-16 22_36_36-3D Builder

ただ、エクスプローラーを見るとファイルだけは作成されているようです。

2015-09-16 22_36_46-

試しに、このpfxファイルを参照して設定してみます。

2015-09-16 22_36_57-3D Builder

作成されたpfxファイルを選択します。

2015-09-16 22_37_05-3D Builder

先ほど入力したパスワードを入力します。

2015-09-16 22_37_15-ファイルを開くためのパスワードを入力してください。

しかし今度は「存在しないトークンを参照しようとしました。」というエラーメッセージが表示されました。

2015-09-16 22_37_18-キーのインポート エラーです。

もちろん、キーファイルは設定されていません。

2015-09-16 22_37_26-3D Builder

しかし、今度はプロジェクトには追加されているようです。

2015-09-16 22_37_31-3D Builder

解決方法

正規の解決方法なのかはわかりませんがうまく対応できたので手順を載せておきます。

いろいろ調べてみると「C:ProgramDataMicrosoftCryptoRSAMachineKeys」フォルダに対して更新権限がないために起こっているエラーのようでした。試しに、そのフォルダに対してファイルを作成しようとしても作成できないことが確認できます。

2015-09-16 22_38_56-MachineKeys

ちなみに、正常に動作している環境ではファイルが作成できるようになっていました。

2015-09-16 22_39_42-yuuichi-main_3404 - リモート デスクトップ接続

なぜこのような違いが起こったのかわかりませんが、とりあえずログインしているユーザーでフルコントロールを割り当ててみました。ちなみに正常に動作している環境のセキュリティを確認したところ、「Everyone」「Administrators」のみで、どちらもアクセス許可にはすべてチェックはついていませんでした。

2015-09-16 22_40_20-MachineKeys のアクセス許可

セキュリティの設定を行ったところ、作成したプロジェクトでキーファイルが設定できるようになりました。

2015-09-16 22_41_54-OneNote

もともと正常に動作している環境、動作しなかった環境はいずれも「Windows 10 Pro」「Visual Studio 2015 Community」なのですが、Windows 10 に移行した際の手順によってもしかしたら違いが出たのかもしれません。

Windows 10 新規インストール OK
Windows 8.1 Professional から Windows 10 へアップグレード OK
Windows 8.1 Enterprise から Windows 10 へアプリ以外をアップグレード NG

また、今回は「C:ProgramDataMicrosoftCryptoRSAMachineKeys」フォルダにセキュリティのアクセス許可を追加しましたが、セキュリティ的にリスクがないかどうかはよくわかっていません。試される方はその点を認識したうえで行ってください。

]]>

Windows 10 環境においての Windows Update のインストール方法を変更する

基本的には自動的に Windows Update されてもいいのですが、環境によっては再起動しないでそのままの状態でいてほしい場合もあります。しかし、Windows 10 ではそれはできず、必ず自動的に再起動されてしまうので、それを防ぐ方法をまとめてみました。

以下のページにまとめてあるので参考にしてみてください。ただ、標準的な設定でないことと、Windows Update を手動に切り替える方法なので、セキュリティ面のリスクが発生する場合があります。設定する場合は自己責任の範囲でお願いします。

]]>

Visual Studio 2008 に SP1 をインストールしたときに Intelisense 等の説明が英語になってしまう現象を修正する

下記のサイトにアクセスし「VS90SP1-KB957507-JPN-x86.exe」をダウンロードしてインストールします。インストールに少し時間がかかるので注意してください。

]]>

デスクトップの映像録画 Tips

デスクトップの映像を録画する方法について2つ Tips を書きました。どちらも無料版があるのでどのようなツールであるか試してみることができます。もっと他の機能を使いたいというのであれば有料版を購入するのもいいかもしれません。ただ、無料版でも十分実用可能です。

ちなみに私が艦これのプレイ動画を上げている際に使用している録画ツールは上記とは別の「Microsoft Expression Encoder 4」というものを使っているのですが、こちらも後で Tips として上げるかもしれません。ただ、サポート切れであるため、他のツールも探してみべきかということで他の録画ツールを探していたのですが、先述のツールはその過程で手順等を書いてみたものです。

]]>

ソフトウェアキーボード&マウスパッドアプリ「ちーたんタッチボード Ver 0.22」公開しました

0.01 だけ上げたマイナーバージョンアップです。不具合の修正や内部の仕様を変更したものなので見た目や操作などで大きく変わったところはありません。

ちーたんタッチボード本体についてはボードコンテナ定義ファイルの仕様変更に対応した修正がほとんどなので機能的には Ver 0.21 とほとんど変わっていません。「CapsLock」の送信キーを正しいものに変えたりとか、マウスパッドでマウスカーソルのキーエリアをタップしたときの挙動などが変わっています。

付属のボードコンテナ定義ファイルとダウンロードできるボードコンテナ定義ファイルのレイアウトや画像などを更新しました。こちらもそこまで変わっていませんがキーを増やしたり位置を変えたりしています。また、すべてのボードコンテナ定義ファイルにおいてちーたんタッチボード Ver 0.22 の仕様に合わせて内部のパラメータを修正しました。

一応過去のバージョンの定義ファイルも読み込めるようにはしていますが、このまま対応していくかどうかは、今後定義がどのように変わっていくかに影響されるかもしれません。

]]>

Windows 8.1 や Windows Server 2012 R2 で「SQL Server 構成マネージャー」を起動する方法

以前の OS では「SQL Server 構成マネージャー」はスタートメニューの SQL Server 関連のフォルダの中にショートカットとして配置されていたため、そこから起動することができたのですが、Windows 8.1 や Windows Server 2012 R2 に SQL Server をインストールするとなぜか SQL Server 構成マネージャーがスタートメニューのどこにも見当たらなくなります。(もしかしたら Windows8, Windows Server 2012 もかもしれません)

SQL Server 構成マネージャーを起動(使う)には以下の方法を行います。

スタートボタンを右クリックして「コンピューターの管理」を選択。

2014-08-06 08_48_56-rmtdt.sorceryforce.net_3404 - リモート デスクトップ接続

「コンピューターの管理」⇒「サービスとアプリケーション」の中に SQL Server 構成マネージャーがあります。

2014-08-06 08_49_21-rmtdt.sorceryforce.net_3404 - リモート デスクトップ接続

]]>

Outlook 2013 で予定表の「定期的な予定全体」がアラームで通知されない対処法

いつのことからかはわからないのですが、2014年2月あたりに予定表で「定期的な予定全体」を更新したものがアラームで通知されなくなっていたので、多分それ以前から起こっていた現象だと思いますが、表題の通り、予定表で「定期的な予定全体」を登録してもアラームに通知されません。通常の個別の予定の場合はアラームで通知されます。ちなみにメールや予定表は Microsoft アカウントを使用して Outlook.com と同期しているものを使用しています。

対処法ですが、Outlook.com にあるカレンダーに同様に「定期的な予定全体」を登録し、それをクライアントの Outlook 2013 と同期させると、クライアントのアラームで通知されるようになります。

]]>