クライアントに表示される特定のディメンションの属性を非表示にする方法 [SQL Server Analysis Services]

キューブとディメンションを作成しクライアントに公開する際、不要なディメンションの属性が公開されてしまう場合があります。特にキーとなる属性は公開しなくてもいい場合がありますが、ディメンションのキーとなるため削除するとディメンションとして成り立たなくなってしまいます。

クライアントに公開したくない場合は以下の設定で非公開にできます。(見えないだけなのでディメンション上では存在することになります)

【手順】

  1. 作成したディメンションを開く
  2. 「ディメンション構造」のタブを選択し、属性の項目から非表示にした属性を選択
  3. 属性を右クリックしメニューから「プロパティ」を選択
  4. プロパティから「詳細設定」グループの「AttributeHierarchyVisible」を「False」に設定
Share this...

Type クラス同士の比較結果 [.NET Framework]

サンプルコード

namespace TypeFullName
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            Type t1 = typeof(TypeFullName.Test1.ClassSample);
            Type t2 = typeof(TypeFullName.Test1.ClassSample);
            TypeFullName.Test1.ClassSample samp1 = new Test1.ClassSample();
            TypeFullName.Test1.ClassSample samp2 = new Test1.ClassSample();
            Type t3 = samp1.GetType();
            Type t4 = samp2.GetType();
            System.Diagnostics.Trace.WriteLine("t1 == t2      : " + (t1 == t2));
            System.Diagnostics.Trace.WriteLine("t3 == t4      : " + (t3 == t4));
            System.Diagnostics.Trace.WriteLine("t3.Equals(t4) : " + t3.Equals(t4));
        }
    }
    namespace Test1
    {
        public class ClassSample
        {
            public int A;
        }
    }
}

結果

t1 == t2      : True
t3 == t4      : True
t3.Equals(t4) : True
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite
Share this...

Silverlight の ScrollViewer でマウスホイールを有効にする方法

Silverlight の ScrollViewer でマウスホイールによるが効かない領域があるところがあります。どうも背景色が指定されているコントロールが乗っている場所は有効みたいでそれ以外の部分は効かないみたいです。

ScrollViewer 全体で有効にするには以下のようにするといいみたいです。

<ScrollViewer Background="Transparent">

色は不透明でも半透明でも大丈夫なようです。

Share this...

Windows Phone 7 のゲーム開発でのタッチ操作 その 4 ピンチ

Tech Fields コラムで「Windows Phone 7 のゲーム開発でのタッチ操作 その 4 ピンチ」が公開されました。このコラムでは XNA Framework で用意されているジェスチャー機能を使用したプログラムを紹介しています。いくつかあるジェスチャーの中からここでは「ピンチ、ストレッチ」を使用し、スプライトの拡大縮小、回転を例とした内容となっています。全4回の最終回となっていますのでぜひご覧ください。

Share this...

Windows Phone 7 のゲーム開発でのタッチ操作 その 3 ドラッグ操作

Tech Fields コラムで「Windows Phone 7 のゲーム開発でのタッチ操作 その 3 ドラッグ操作」が公開されました。このコラムでは実際にマルチタッチを使用して画面上にあるカード(スプライト)をドラッグ操作で移動させることができます。サンプルプログラムも配布しているので興味がある方はご覧になってください。

Share this...

Windows Phone 7 のゲーム開発でのタッチ操作 その 2 マルチタッチ

「Windows Phone 7 のゲーム開発でのタッチ操作」連載シリーズの2回目「Windows Phone 7 のゲーム開発でのタッチ操作 その 2 マルチタッチ」がTech Fielders コラムにて公開されました。

2回目は「マルチタッチ」の情報取得を中心に、タッチ情報の取得の仕方、使い方の注意点などを説明しています。今回記事がちょっと長いので2ページ構成になっています。2回目でマルチタッチの使い方を学んで3回目以降で実際にマルチタッチで動かしてみるという流れになる予定です。

興味がある方はご覧になってください。

Share this...