Windows の最新の IME が原因で一部のアプリケーションがフリーズする問題

Audacity という録音ツールを使っていたのですが、この1~2週間の間に頻繁にフリーズするようになりました。特定の操作、特にキーボードで操作しようとするとフリーズします。とはいってもアプリケーション自体はフリーズはしていなくてテキストのカーソルの点滅は常に動いている状態だけど、なんの操作も受け付けなくなるような現象です。

例えば以下は保存ダイアログなのですが、マウス操作している間はなんともないのですがファイル名をキーボードで入力しようとするとそれ以降何の操作も受け付けなくなります。

image

固まるのは上記のような形式のダイアログで、例えばメモ帳の保存ダイアログ形式では固まることはありません。

固まる原因が分からなくてこれについて Twitter でつぶやいたところ以下のリプライがありました。

OD−10Zさん 「@onodera_sf なんか、IME側の挙動が変わった影響とかなんとかで、日本語表示にしてるとキーボード入力した瞬間に固まるみたいです。私のほうは英語表示に切り替えたら解決しました。」

どうも IME に原因があるらしく、ネットで調べて試しに IME の互換性をオンにしてみたところ問題なく動作するようになりました。設定場所は以下の場所にあります。

  • 設定 → 時刻と言語 → 言語 → 日本語 (オプション) → Micorsoft IME (オプション) → 全般

image

ただ、古いバージョンを使用して対処しているので最終的には最新の IME で直ってくれるのがうれしいのですが、場合によっては古いアプリケーションは切り捨てられる可能性もあるかもしれませんね。互換性 IME もいつまで残ってくれるかもわかりませんし。

Share this...

Windows 8, Windows Server 2012 で IME の入力状態をアプリケーションごとに持たせるようにする

Windows 8 や Windows Server 2012 ではなぜか IME の入力状態(英数字入力、ひらがな入力など)が OS 全体で持っている形になっています。たとえばアプリAのテキストボックスでひらがな入力の状態にし、アプリB のテキストボックスにフォーカスと移動させてもひらがな入力の状態になっています。

新規ユーザーのために使いやすくしているのかもしれませんが、それ以前の OS では標準でアプリケーションごとに IME の入力状態を持っているので、人によっては使いづらいかもしれません。

IME の入力状態をアプリケーションごとに持たせるには以下の手順で設定します。Windows 8, Windows Server 2012 のみの設定です。

マウスをデスクトップの右上か右下に移動させチャームを表示させます。メニューから「設定」を選択します。

image

設定メニューから「コントロール パネル」を選択します。

image

コントロール パネルから「時計、言語および地域」を選択します。

image

「言語」をクリックします。

image

「詳細設定」をクリックします。

image

「入力方式の切り替え」から「アプリ ウィンドウごとに異なる入力方式を設定する」にチェックを入れ、保存ボタンをクリックします。

image

]]>

Share this...

日本語入力で「,」「.」キーを押したときに「、(読点)」「。(句点)」にならない場合の対処法

メモです。

【環境】

  • Windows Vista
  • Office IME 2010

 

【対処法】

  1. IMEバーから「ツール」をクリックして「プロパティ」を選択
  2. プロパティウインドウが表示されたら「全般」タブを選択
  3. 「入力設定」の「句読点」から「、。」を選択
  4. 「適用」、または「OK」をクリック
]]>

Share this...