Windows Virtual PC で SQL Server 2008 R2 のインストールでエラーが発生する

メモです。

SQL Server 2008 R2 のインストーラーディスクイメージ(iso)を Windows Virtual PC の ISO イメージマウント機能でマウントしインストールすると、インストール中にエラーが発生します。しかも中途半端にインストールされるため正常にアンインストールすることもできません。似たような現象は「SQL Server 2008 R2 インストールでエラー」でも報告されています。

対処法

ISO ファイルを直接マウントするとエラーが発生するようなので、ホストPC で仮想CD/DVDドライブを作成し、そこに SQL Server 2008 R2 のイメージファイルをマウントします。Windows Virtual PC ではその仮想CD/DVDドライブをマウントし、SQL Server 2008 R2 をインストールします。

ただし、仮想 CD/DVD ドライブの作成に Virtual CloneDrive を使用すると、「Windows Virtual PC に Windows 7 (x86) SP1 をインストールしようとすると CD/DVD ドライブのドライバが見つからなくてインストールできない」と似たような現象がインストーラー起動直後に発生するので、代わりに「Alcohol 52%」というソフトで仮想 CD/DVD ドライブを作成します。

]]>

Share this...

Windows Virtual PC に Windows 7 (x86) SP1 をインストールしようとすると CD/DVD ドライブのドライバが見つからなくてインストールできない

メモです。

エラーと発生する環境

Windows 7 のインストーラーイメージ(iso)を Virtual CloneDrive の仮想ドライブにマウントしてインストールすると、CD/DVD ドライブのドライバが見つからないと表示され先に進めないようです。

ホストOS Windows 7 SP1 (x64)
ゲストOS Windows 7 SP1 (x86)
インストーラー媒体 ISO (仮想ドライブにマウント)
仮想CD/DVDドライブ Virtual CloneDrive 5.4.3.2

 

対処法

iso ファイルを仮想ドライブにマウントするのではなく、Windows Vritual PC の CD ドライブの設定で直接 iso ファイルをマウントできる機能があるので、そこからインストールすることが可能です。

]]>

Share this...