Windows Server バックアップで共有保護ポイントの作成のタイムアウトを防ぐ

  • Windows Server 2008 R2 SP1 DataCenter (Windows Server 2008 系列であればどれも同じだと思います)
  • 【手順】
    1. スタートメニューの「プログラムとファイルの検索」の入力欄に「regedit」と入力してレジストリエディタを起動する。
    2. 「コンピューターHKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREMicrosoftWindows NTCurrentVersionSPP」のフォルダを選択
    3. 「SPP」フォルダを右クリックして「新規」-「DWORD (32 ビット) 値」を選択
    4. 右のレジストリ一覧に DWORD が追加されるので名前を「CreateTimeout」に変更する
    5. 「CreateTimeout」をダブルクリックして編集を開始する
    6. 表記から「10 進数」をチェック (16進数でも構いませんが入力する値が大きいのでわかりにくいです)
    7. 値のデータにタイム時間を「ミリ秒(ms)」で入力する。たとえばタイムアウト時間を 10 分にしたい場合は「600000」と入力します。
    8. OKボタンを押して確定する
    ]]>

    Share this...

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です