HTTP経由でキューブにアクセスする方法

ネットワークが特殊な環境で2383ポートが使用できず、80(または443)ポートが使用可能な場合、HTTP経由でキューブにアクセスする方法があります。

詳しくは公式サイトに載っていますので手順通りに設定すれば問題ないかと思います。

※SQL Server 2012 へのリンクページですが、デフォルトのページが一部英語であったため、すべて日本語になっている上記のリンクに飛ばしています。

 

上記のリンク先の説明で気をつける点があります。

まず「msmdpump.dll」「msmdpump.ini」「Resources」の配置先が「C:inetpubwwwrootolap」と「C:inetpubwwwrootolapisapi」の2パターンが書いてありますが、isapiフォルダはなくても問題ありません。接続先のURLを短くしたいのであれば olap フォルダの直下に上記の3つを入れてしまった方がいいでしょう。

もう一点「msmdpump.ini」ファイル内の「ServerName」のサーバー名は「IISから見たキューブ(Anarysis Services)があるサーバーの名前」です。ですので、IISとキューブが同じサーバーにある場合はそのまま「localhost」で問題ありません。勘違いして外から見たIISサーバー名を指定するとつながらなくなってしまう場合があります。私はこれで結構はまってしまいました。

]]>

Share this...

ワークグループ環境の SQL Server の各機能に対しての認証の方法まとめ

ドメイン環境であれば認証はある程度 Active Directory に任せられるので楽なのですが、ワークグループ環境では各サービスごとに認証が異なっていたりなど、ハマリどころが多いです。とりあえずわかる範囲でまとめていますが(自分用)、もしかしたら間違っているところもあるかもしれませんので参考程度に見てください。

■環境

  • ローカルPC (ワークグループ or ドメイン環境)
  • サーバーPC (SQL Server インストール, ワークグループ環境)

■接続メモ

 

【SQL Server データベース】

  • Windows 認証と SQL Server 認証を選択可
  • SQL Server 認証の場合、接続文字列にユーザー名とパスワードがあればそのほかの認証は必要なし。事前に SQL Server のログインにユーザーを登録する必要はある。
  • Windows 認証の場合はローカルPCとサーバーPCに同じユーザー名、パスワードのアカウントが必要
  • データベースアクセス時に認証ダイアログが表示される場合があり、サーバーのアカウントさえ入力できれば接続できるようにも思えるが、ローカルにあるアカウントも同時にチェックしているため、やはりローカルとサーバーに同じアカウントが必要である。
  • サーバーに作成したユーザーアカウントを SQL Server のログインに登録する必要あり。また、登録したアカウントに対してデータベース、テーブルなどそれぞれアクセスできる権限を設定する必要あり。

 

【Analysis Services】

  • Windows 認証一択
  • ローカルPCとサーバーPCに同じユーザー名、パスワードのアカウントが必要
  • キューブアクセス時に認証ダイアログが表示される場合があり、サーバーのアカウントさえ入力できれば接続できるようにも思えるが、ローカルにあるアカウントも同時にチェックしているため、やはりローカルとサーバーに同じアカウントが必要である。
  • キューブに接続できるユーザーを指定したロールを作成する必要あり。

 

【レポート マネージャー】

  • Windows 認証一択
  • レポート マネージャーに接続する際に認証ダイアログが表示されるが、サーバーに登録されているユーザーを入力すれば認証可能。ローカルに同じユーザーを作る必要はない。これはレポートマネージャーが Web システムであり、実行するプログラムの実態がサーバーにあるため。
  • レポートビルダーからレポートサーバーにアクセスする場合も、サーバーに登録されているアカウントを指定すれば認証可能
  • レポート マネージャー、レポートにアクセスできるユーザーは、レポートマネージャーでフォルダ、ファイル単位に設定

 

足りない項目は後で追加するかもしれません。また何か違う内容、または追記すべき項目があればコメントください。

]]>

Share this...

SSAS でメタデータ マネージャーのエラーが発生して処理や削除が行えなくなった場合の対処法

※ここに書いている手順は正式な回避方法ではないので自己責任でお願いします。

 

【環境】

  • SQL Server 2008 R2 SP1
  • Windows 7 64bit

 

【エラーの内容】

SSAS プロジェクトで処理や配置、また、Analysis Services サービスでデータベースを削除しようとしたときなど、Analysis Services サービスにかかわるほとんどの操作を行おうとしたときに以下のようなエラーメッセージが表示されて処理が中断される。

====================================================
メタデータ マネージャーでエラーが発生しました。
ID ‘XXXXXX’、名前 ‘XXXXXX’ のディメンションが
‘XXXXXX’ キューブによって参照されていますが、このディメンションは存在しません。
メタデータ マネージャーでエラーが発生しました。
XXXXXX cube を ファイル ‘\?C:Program FilesMicrosoft SQL Server
MSAS10_50.MSSQLSERVEROLAPDataXXXXXX.0.dbXXXXXXX.999.cub.xml’
から読み込み中に、エラーが発生しました。
(Microsoft.AnalysisServices)
=====================================================
※ XXXXXX は環境により異なる

【発生する原因】

不明。SSAS プロジェクトでエラーとなる不正なデータを配置すると発生する?

【回避手順】

  1. SQL Server Management Studio から Analysis Services に接続し、ツリートップにある Microsoft 分析サーバーの右クリックメニューから「停止」を選択して  Analysis Services を停止させる。
  2. エクスプローラーより「C:Program FilesMicrosoft SQL Server
    MSAS10_50.MSSQLSERVEROLAPData」フォルダを開き、エラーの発生するデータベースの以下のフォルダ・ファイルをリネームするか削除する
    ・XXXXXX.0.db フォルダ (0 は任意の数字)
    ・XXXXXX.99.db.xml ファイル (99 は任意の数字)
  3. SQL Server Management Studio から Analysis Services のツリーノードを右クリックし、「開始」をクリックする。
  4. 削除されている SSAS データベースをVisual Studio から再配置する(エラーは訂正しておくこと)。
]]>

Share this...

クライアントに表示される特定のディメンションの属性を非表示にする方法 [SQL Server Analysis Services]

キューブとディメンションを作成しクライアントに公開する際、不要なディメンションの属性が公開されてしまう場合があります。特にキーとなる属性は公開しなくてもいい場合がありますが、ディメンションのキーとなるため削除するとディメンションとして成り立たなくなってしまいます。

クライアントに公開したくない場合は以下の設定で非公開にできます。(見えないだけなのでディメンション上では存在することになります)

【手順】

  1. 作成したディメンションを開く
  2. 「ディメンション構造」のタブを選択し、属性の項目から非表示にした属性を選択
  3. 属性を右クリックしメニューから「プロパティ」を選択
  4. プロパティから「詳細設定」グループの「AttributeHierarchyVisible」を「False」に設定
]]>

Share this...