ワークグループ環境の SQL Server の各機能に対しての認証の方法まとめ

ドメイン環境であれば認証はある程度 Active Directory に任せられるので楽なのですが、ワークグループ環境では各サービスごとに認証が異なっていたりなど、ハマリどころが多いです。とりあえずわかる範囲でまとめていますが(自分用)、もしかしたら間違っているところもあるかもしれませんので参考程度に見てください。

■環境

  • ローカルPC (ワークグループ or ドメイン環境)
  • サーバーPC (SQL Server インストール, ワークグループ環境)

■接続メモ

 

【SQL Server データベース】

  • Windows 認証と SQL Server 認証を選択可
  • SQL Server 認証の場合、接続文字列にユーザー名とパスワードがあればそのほかの認証は必要なし。事前に SQL Server のログインにユーザーを登録する必要はある。
  • Windows 認証の場合はローカルPCとサーバーPCに同じユーザー名、パスワードのアカウントが必要
  • データベースアクセス時に認証ダイアログが表示される場合があり、サーバーのアカウントさえ入力できれば接続できるようにも思えるが、ローカルにあるアカウントも同時にチェックしているため、やはりローカルとサーバーに同じアカウントが必要である。
  • サーバーに作成したユーザーアカウントを SQL Server のログインに登録する必要あり。また、登録したアカウントに対してデータベース、テーブルなどそれぞれアクセスできる権限を設定する必要あり。

 

【Analysis Services】

  • Windows 認証一択
  • ローカルPCとサーバーPCに同じユーザー名、パスワードのアカウントが必要
  • キューブアクセス時に認証ダイアログが表示される場合があり、サーバーのアカウントさえ入力できれば接続できるようにも思えるが、ローカルにあるアカウントも同時にチェックしているため、やはりローカルとサーバーに同じアカウントが必要である。
  • キューブに接続できるユーザーを指定したロールを作成する必要あり。

 

【レポート マネージャー】

  • Windows 認証一択
  • レポート マネージャーに接続する際に認証ダイアログが表示されるが、サーバーに登録されているユーザーを入力すれば認証可能。ローカルに同じユーザーを作る必要はない。これはレポートマネージャーが Web システムであり、実行するプログラムの実態がサーバーにあるため。
  • レポートビルダーからレポートサーバーにアクセスする場合も、サーバーに登録されているアカウントを指定すれば認証可能
  • レポート マネージャー、レポートにアクセスできるユーザーは、レポートマネージャーでフォルダ、ファイル単位に設定

 

足りない項目は後で追加するかもしれません。また何か違う内容、または追記すべき項目があればコメントください。

]]>

Share this...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です