OLEDB を使用して Excel ファイル(2007 形式)を読み込む際の接続文字列

メモです。必要そうな項目のみ列挙しています。

接続文字列の例

Provider=Microsoft.ACE.OLEDB.12.0; Data Source=C:Test.xlsx; Extended Properties="Excel 12.0; HDR=YES; IMEX=1;”

接続文字列パラメータ

Provider 使用する OLEDB のバージョン。2007 形式の Excel ファイル(.xlsx)を読み込みたい場合は「Microsoft.ACE.OLEDB.12.0」を指定。2003 以前の形式のみ(.xls)で構わないのであれば「Microsoft.Jet.OLEDB.4.0」も可。
Data Source 読み込む Excel ファイル名。またはファイルパス。
Extended Properties 拡張パラメータ。(以下参照)

 

Extended Properties パラメータ

Excel {バージョン} ISAMバージョン。2003 以前の形式の場合は「8.0」。2007 形式の場合は「12.0」
HDR シートの1行目をヘッダ列として扱う場合は「YES」、1行目から行データとして扱う場合は「NO」
IMEX 0:エクスポート モード、1:インポート モード、2:リンク モード。通常指定する必要がないが、1 を指定すると、セルの値がすべて表示されているテキストのまま読み込める。例えば、セルに「2011/10/1」と入力し、書式設定によって「2011年10月1日」と表示されている場合、IMEX に 1 を指定すると取得するデータは「2011年10月1日(string型)」となる。IMEX を指定していない場合はエンジンの自動解釈によって「2011/10/1(Date型)」として読み込まれるが、前後行の入力内容によって型の解釈が変化する。詳しくは「[PRB] DAO の OpenRecordset を使用すると Excel の値として NULL が返される」参照のこと。

OLEDB を使用して Excel ファイル(2007 形式)を読み込む際の接続文字列」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)